2005年2月アーカイブ

グスタフ・マーラー 交響曲第3番 ニ短調 (1896年)

2005年2月27日 01:43 | CLASSICS | トラックバック(4)

怒涛のマーラーシリーズ第3弾。今回は第3交響曲です。日本を訪れる外来オーケストラのメインタイトルに最も多いマーラーのシンフォニーのひとつであるこの第3交響曲は、1895年から96年にかけて、ザルツブルグの東の湖のほとりにあるシュタインバッハという小さな村のホテルでひと夏を過ごしはじめて4度目の訪問で書きあげられました。実は95年の2月には、すぐ下の弟で同じく作曲家を目指していたオットーが自殺してしまいます。また、当時つまり世紀末の文化を支えた、ショーペンハウアー、ニーチェといった人間の理性的意識を超えた世界への志向と、世紀末の重苦しい空気の中で作られたこの曲には、以下のプログラムが添えられています。

[ READ MORE ]

桃太郎さん!

2005年2月24日 00:32 | 今日の一休み

34.jpg
今日は、桃太郎さんに逢いに行ってきました。春一番の吹く中でしたが、まだまだ風は冷たくて。でも、もうすぐですよね、春。桃太郎さんが大切な友達に出会い、冒険を成し遂げたように、たくさんの出会いの中で、皆さんがいい友達に出会えるといいですよね!

帰郷

2005年2月22日 22:36 | 今日の一休み

33.jpg
12月30日 雪 帰郷しました。途中数キロの雪道を数時間の渋滞行進。故郷は遠くにありて思うものではなく、遠いものでした。 古い写真ですいません。デジカメで撮ったまま忘れていました。

グスタフ・マーラー 交響曲第2番 ハ短調 (1894年)

2005年2月20日 19:58 | CLASSICS

怒涛のマーラー・シリーズ。今回は第2交響曲です。前回の第1でも、最後まで交響曲か交響詩かで迷っていた彼の創造の表出は、またぞろ歌曲と交響曲の間をも彷徨うのですが、この第2をもって、彼は歌やさまざまな演出効果、これまで交響曲には取り入れられたことのなかった楽器を使用しながら、そしてベートーベンの時代には考えられなかった2時間近い長大な構築物とすることによって、いよいよ交響曲の世界に正面から立ち向かうことになります。その記念すべきこの第2交響曲は、高音低音のタムタムや大太鼓小太鼓、またグロッケンシュピール(ハイジに出てくるアルプスの牛の首にぶら下がってるあれです)や鞭など、およそ交響曲には不釣合いな楽器を要し、また遠近感の演出にホルンやトランペット打楽器群を舞台の外にも配置し、80分を超える大作として生み出されました。

[ READ MORE ]

グスタフ・マーラー 交響曲第1番 ニ長調 (1888年)

2005年2月20日 02:42 | CLASSICS

えーなんと2ヶ月ぶりの投稿となってしまいました。忙しかったというのはただの言い訳で、根性切れてしまったのが最も大きな理由のひとつですねぇ。で、どうすると問いかけてみると「マーラー狂」御大が、「じゃあ、マーラーのはしごしたら?」とおっしゃるので、これからしばらくは好むと好まざるにかかわらず、「マーラー8段ばしご」にお付き合いください。

[ READ MORE ]

セルゲイ・ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 op.18 (1901年)

2005年2月 9日 22:50 | CLASSICS

いよいよ「ラフマニノフ」にいくことになりました。なぜかちょっと緊張ぎみではあります。

ピアノ協奏曲といえばベトの5番にチャイコの1番、あるいはモツの21番あたりがポピュラーですが(すいません省略形で)、別の意味でポピュラーと言えるのがラフマニノフの2番と3番です(と、言い切っていいのだろうか?)。ある知人が、「チャイコはクラシックだけど、ラフはポピュラーだよね!?」とおっしゃっておられましたが、はたして何がクラシックでどうなるとポピュラーなのか?という何気ない疑問をお持ちの方もたくさんおられるでしょう。かくいう私も、ジャンルと言うのはせいぜいCDを整理するときの大分類に過ぎず、聞くジャンルによってお酒やつまみが変わるわけではありません。まあ、おっしゃるとおりベートーベンやモーツアルトよりは、ポール・モーリアやパーシーフェイスに近い感じがするのは確かで、1945年のデヴィッド・リーン監督、シリア・ジョンスン、トレヴァー・ハワード主演の映画「BRIEF ENCOUNTER(逢びき)の全編を流れる第2番は、まさしく映画音楽そのものと言えます

[ READ MORE ]

« 2004年11月 |  メイン  | 2005年3月 »

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.