2005年3月アーカイブ

THE ART OF TEA by Michael Franks(1975)

2005年3月20日 23:05 | A.O.R. | トラックバック(2)

今日から新しいジャンルとしてAORをはじめます。AORとは、Adalt Oriented Rockの略で、主に70年代から80年代のポップスとソフィスティケートされたロックが癒合したような大人しめのロックというか、おしゃれなロック・ポップというか、そんな風なものです。ちょうど、JAZZがフュージョンに移行し、ポップス、JAZZ、ロックの垣根が取っ払われたころの音楽を、後に AORと称して、レコード会社が宣伝したのです。ですから、まあ、70年80年代の軽めのロックと思っていただいて問題ありません。

で、トップ・バッターは・・・ちょっとはずしてマイケル・フランクスの1975年のアルバム「アート・オブ・ティー」です。ちょうど高校3年になった頃だったでしょうか。当時付き合ってた彼女に教えてもらったのがこのアルバムでした。その頃の私は、どちらかといえば名残りのハードロックやサザンロック、ウェストコーストなどを聞いており、このマイケルのちょっとふにゃっとした歌い方と、ジョーサンプルのキーボード、ラリー・カールトンのJAZZYなギターに、なんだかすごく大人の世界を垣間見たような気がしたものです。というか、その頃の私と比べて、彼女はなんて大人だったのでしょう・・・

[ READ MORE ]

春の海

2005年3月10日 20:16 | 今日の一休み

36.jpg
「春の海 ひねもすのたり のたりかな」有名な与謝蕪村の一句ですねぇ。海上保安庁の「くりなみ」が、穏やかな春の海に停泊していました。いや、別に不審船を追跡したとか、有名な船でもなんでもなくて、お昼に時間をつぶしてるときのワン・ショットです。遠くのサンポートも、春にかすんでいます。

グスタフ・マーラー 交響曲第6番 イ短調 (1905年)

2005年3月 8日 23:38 | CLASSICS

1897年 ウィーン宮廷歌劇場監督就任
1898年 ウィーン・フィルハーモニー指揮者に就任
1900年 第4交響曲作曲
1901年 アルマ・シンドラーとの出会い
1902年 第5交響曲完成
    アルマ・シンドラーと結婚 長女誕生
1903年 ウィーン音楽院時代からの親友フーゴー・ヴォルフ死去
1904年 第5交響曲初演
    次女誕生

いきなり、年譜を載せました。これまで、マーラーの第1から第5までをご紹介してきましたが、実は現在私が最もお気に入りの第6交響曲をご紹介するにあたり、この曲が作曲されたころのマーラー及びその一家の様子をお話したほうがよいと思ったのです。この曲は1903年から1905年にかけて作曲されました。当時、前記のようにマーラーは、19歳年下のアルマとの電撃的な婚約・結婚をし、また長女・次女とつぎつぎに誕生し、金銭的にも精神的にも充実した日々を迎えます。特筆すべきはやはり、アルマを口説き落とし、結婚にいたる道のりでしょう。

[ READ MORE ]

帰郷しました。

2005年3月 7日 01:20 | 今日の一休み

35.jpg
ちょっと私用で帰郷してました。春にはまだ早く、朝、小雪がちらついていましたが、午後には雲も晴れ、春の日差しが・・・健やかに季節が過ぎることは、なんと幸せなことなのでしょう。

DEEP PURPLE / COME TASTE THE BAND (1975)

2005年3月 4日 02:04 | ROCK

前回のツェッペリンに引き続き、歴代ハードロック界の大御所パープルの登場です。が、しかし、私のお勧めは「マシン・ヘッド」でも「ライブ・イン・ジャパン」でもなく、「カム・テイスト・ザ・バンド」です。(ああっ、座布団を投げるのはやめてください)

前回もお話したように、我々の神様は「クラプトン」であり「ジミー・ペイジ」であり、そしてパープルの顔「リッチー・ブラックモア」であり、特にリッチーはフェンダー大好き人間だけでなく、多くのギターフリークをコピー少年へと引きずりこみ、多くのストラトキャスター、もしくはそのコピーモデルの販売に助力したものです(笑)。彼の腰のあるフレーズは、そのまま「ブリティッシュ・ハード・ロック」の代名詞と呼んでもよいと思うのです。

[ READ MORE ]

LED ZEPPELIN / PRESENCE (1976)

2005年3月 2日 22:47 | ROCK

いきなりの、ツェッペリン、いきなりのプレゼンスです。またまたの昔話、私が中学生のころ(ということですから今から10年ほど前!?)カウンターカルチャーとしてのブリティッシュ・ロック・イノベーションがありました。ストーンズ、パープル、ツェッペリン、またキング・クリムゾン、イエスやピンク・フロイドなどなど。ちょうどアメリカは空前のポピュラー音楽席捲状態だったころですねぇ。ビートルズとか土着の(?)ビーチボーイズとか・・・で、当時ロック少年であった私は、小分類としてはギター少年でして、当時の僕たちの神様といえば「クラプトン」「ジミー・ペイジ」「リッチー・ブラックモア」。そしてその伝道者が「渋谷陽一」さんだったりしました。彼の言い方では、「レッド・ツェッペリン」は音が下がる読み方でなくマッ平らな「ツェッペリン」、「ディープ・パープル」はこれもマッ平らな「パープル」。仲間内ではまねをしてこう呼んでいたものです。

[ READ MORE ]

« 2005年2月 |  メイン  | 2005年4月 »

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.