2005年4月アーカイブ

ヨーロッパラウンド開幕戦&ルノー快進撃&ニュージェネレーション

2005年4月26日 03:30 | F1 & Cars & Bike

前回のバーレーン戦から3週間、F1サーカスはいよいよヨーロッパを転戦するシーズンになりました。その第一戦、正確には2005年F1第4戦サンマリノ GPは、4月24日春の曇り空のもと、イタリア北部の街ボローニャ近郊のイモラで決勝が行われました。結果は、1位にルノーのアロンソ、2位は13番グリッドから驚異の追い上げを見せたF2005を駆る皇帝シューマッハ、3位にはBARのバトンが入りました。この結果、アロンソは36ポイントで首位を独走、今シーズン不調続きだったシューマッハがフィジケラと同点4位に浮上しました。今シーズン開幕以来快進撃のルノー、そしてそれにストップをかけるのはフェラーリかマクラーレンか、あるいはホンダ・トヨタの国産勢なのか。まだまだ長いシーズンは始まったばかりです。

*かつて天才を飲み込んだ悪魔は今・・・

[ READ MORE ]

LET IT FLOW by Dave Mason (1977)

2005年4月18日 21:37 | A.O.R.

 AOR2枚目は、デイブ・メイソンです。当時私は20歳。確か、まかない付きの学生寮を出て、アパートで一人暮らしをはじめた春先に発売されたアルバムでした。またまた恋愛がらみなのですが、当時文通(懐かしい響きです!)している相手がいて、来る日も来る日も、彼女からの返事を待っては、立ち寄らない郵便屋さんを恨めしく暮らしたものでした。季節はいつの間にか梅雨になり、毎日毎日降り続き関東ローム層に深く染みいる霧雨は、当時のうら若き私の心にも悲しい色の染みを広げていったものです。

[ READ MORE ]

グスタフ・マーラー 交響曲第8番 変ホ長調 (1906年)

2005年4月 7日 23:21 | CLASSICS

 怒涛のマーラー交響曲全集も残すところあと4曲となりました。でも、まだまだ難攻不落の曲が続きます。前作の第7も難解でしたが、今回の第8は難解というよりは、どこからどう捕らえればよいかさえわからないような構成と、別の意味での大作です。

[ READ MORE ]

グスタフ・マーラー 交響曲第7番 ホ短調 (1905年)

2005年4月 7日 00:23 | CLASSICS

 前回、私の最もお気に入りの第6のお話をしました。第6交響曲は、その構成や形式自体はかなり正統な交響曲を意識したものでしたが、この第7では再び第5と同じ5楽章形式となります。正直第7は結構難しい曲です。第5のアダージェットのような夢見るようなフレーズはないし、終始現代音楽風のわかりにくさ、とっつきにくさがつきまといます。まかり間違って、これまでマーラーを聴かれたことがない方が、この文章を読まれて、第7から入ってしまったらどうしようかと迷ったのですが、真にマーラーをあるいは彼のあの時代への刻印を理解するためには、何番目かには乗り越えるべき道でもあると心を決めてお話します。(JAZZのバド・パウエルとは違った意味で・・・)

[ READ MORE ]

桜並木の散歩道。

2005年4月 3日 22:26 | 今日の一休み

37.jpg
実家の近くにはちょっとした桜並木の散歩道があります。花見にはまだ少し早かったのですが、ちょっとお花見散策に。あいにくの曇り空でしたが、早いものは五分咲きほどになっていました。回りの木々も草花も競うように咲き乱れていました。大きな花も小さな花も、精一杯、咲き誇っています。春ですね。今年がよい一年でありますようにと、願うばかりです。

« 2005年3月 |  メイン  | 2005年5月 »

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.