« 「春が来た!・・・いや、秋が来た!」 | メイン | CASINO ROYALE 邦題:007/カジノ・ロワイヤル »

2007年09月26日

The Sad Cafe

ロング・ラン
ロング・ラン
イーグルス

おすすめ平均:4.5
5イーグルスのラスト・アルバム
5黒いパッケージがすべてを物語っている
4事実上のラスト・アルバム

Amazon.co.jpで見る by Azmix

雨が優しく降り注ぎ
光あるものはその中で煌いていた
並木通りに刻まれた古い轍も
きれいに洗い流されていた

銀色に包まれた光が
遠い過去から優しく呼んでいる
サッド・カフェで過ごしたあの頃
思い出が今
鮮やかによみがえる

あの頃
とても神聖な場所に思えた
まるで「アメイジング・グレイス」に
守られてでもいるかのように
そして語ることの許されない言葉を
僕たちは歌に託して歌った

僕たちは信じていた
「愛」とか「自由」という言葉で
この世界を変えることが出来ると
結局僕たちも
サッド・カフェに集う
寂しい人びとの一人でしかなかった

大空を駆け抜け
いつか輝く海辺で
皆が出会えることを夢見ていた

かなえられたわずかな夢
消えてなくなってしまったたくさんの夢
そしてサッド・カフェには
いまもたくさんの夢が取り残されたまま

雲が包み隠し
彼岸は見えなくなった
あの栄光の列車は
もうここには停まらない

過ぎ去った日々を振り返ると
その見えない何かの力に驚く

結局僕には分からないまま
なぜ幾人かの富が築かれ
なすがままの人たちが
あとに残ったのか

「時」は僕に
たくさんの人々を思い起こさせてくれたけれど
世の中は何も変わらないように思う
そのわけをたずねても仕方ないのだろう
ただそうなってしまっただけなのだから

だからさあ真夜中のサッド・カフェで逢おう
僕と真夜中のサッド・カフェで逢って欲しいのさ

前作「Hotel Carifornia」でビジネス的には大成功を収めたイーグルスは、逆にそのことで自らの存在意義を見失い、終息へ向けて加速してゆきます。「イーグルス」という名のある若者の生涯は、最後のアルバムとなった「The Long Run」のラストのこの曲で、「イーグルスという生き方の敗北」という形でエンディングを迎えるのです。

ジャクソン・ブラウン、リンダ・ロンシュタット、ジェームス・テイラー、カーリー・サイモン、ジョニ・ミッチェルそしてイーグルスの面々。いわゆる「テキーラ・サーキット」と呼ばれる若者たちは、60年末から70年初頭にかけて、サンタモニカ通りにあるバー「トルバドール」に集い、時代の憂鬱や将来の夢を語り合っていました。その頃を思い起こし、「いくつかの夢は叶ったのだけれど、結局自分たちはあの頃と何も変わっていない。」ことを赤裸々に吐露します。そしてこれが終焉であることを、「明日からは・・・」と歌わないことで、私たちにバトンが渡されるのです。

今も変わりはしないかもしれませんが、「愛」も「自由」も「夢」さえも、貪欲に飲み込んでしまうかの時代の流れの中で、多くの成功と挫折を目の当たりにし、自らもその渦中にいた「イーグルス」という生き方。それは、私という一人の、ちょっと悪くてちょっと屈折した青春時代のヒーローでもあったのです。

投稿者 boss : 2007年09月26日 12:53

★★いただいたコメント★★

★★ぜひぜひ、コメントしてくださいね!★★




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)