うらさぶる情(こころ)さまねしひさかたの天の時雨の流らふ見れば 長田王

2008年4月 8日 23:59 | 万葉の旅 | コメント(2)

やむことなく降り続く雨を見ていると、心寂しさにとらわれたままになるというような意味でしょうか。長田王らしい美しい句だと思います。

詞書には、和銅5年4月に読まれた句とありますが、心寂しい時雨というと秋のしとしと降り止まぬ雨のような気もします。

ただ、春の雨と言えば「春雨じゃ・・・」というように、なにかポジティブに捕らえがちになってしまいますが、例えばようやく冬が終わり、春になってときめく心が、しとど振る雨に足止めされて、逢いまみえることの出来ない寂しさを歌っているのかもしれません。

時雨が「流らふ」(流れる)という表現も、振り払いたいのにしとしとと降り続くさまが、美しく表現されているような気がします。明日は晴れです。

コメント(2)

>春になってときめく心が、しとど振る
>雨に足止めされて、逢いまみえることの
>出来ない寂しさを歌っているのかもしれません

なるほど〜なんかわかる気がする今日この頃。。。

> きゃんべるさん

そうですか、それはいい傾向かも!

雨が降れば、逢うことの出来ない恋もあり、
雨でも晴れでも、逢うことがかなわず、
相手を案じ、思いやるしかない恋もあるのです。

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

  • skyfall.jpg
  • babettes_gaestebud1.jpg
  • nekozamurai.jpg
  • speed.jpg
  • taxi.jpg
  • iron_man_2.jpg
  • logo_tsts2.jpg
  • superman.jpg
  • RighteousKill.jpg
  • TheRookie.jpg

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.