« ヨハン・セバスティアン・バッハ トッカータとフーガ ニ短調 BWV565 (1700年頃) | メイン | 「精神年齢・・・やっぱり・・・」 »

2008年06月25日

グロック Glock 17 & ジェニファー・エスポジート

久々のこのシリーズ、やっぱりこんなのやらなきゃよかったかなぁ〜。

気を取り直して、ケロッグといえばアメリカのコーンフレークの会社。今日ご紹介するのはオーストリアの後発銃器メーカー、グロック社のグロック17です。

このグロック社、実はプラスティック製品の会社。で、お得意のプラスティックでテッポウ作っちゃえ!とばかりに出来たのが、グロッグ・シリーズなのです。

口径:9mmx19 Parabellum
装弾数:7+1発
全長:186mm
重量:625g
作動方式:ダブルアクションのみ

このモデルの最大の特徴は、玩具のようなデザインと強化プラスティックによる軽量さ、そして3つの安全装置です。

そもそプラスチック製ですので気温-40度から70度まで対応、しかも錆びないから手入れが簡単。というわけでオーストリア軍以外にも極寒のフィンランド軍やスウェーデン軍のほかにも、インド軍などの熱帯地域という、環境的に過酷なところで採用されています。
もちろんアメリカの主要な警察やFBIなどの公的な法執行機関には相当数が配備されていて、日本でも海上保安庁のSSTがサイドアームとして使用しているらしいです。

そんなこともあり、最近では前回のベレッタM92よりもアクション映画などでの使用率が高い常連さんになってきました。

この銃が出てくる映画は、今回のTAXi NY以外にも、NYPD15分署、RONIN、アート・オブ・ウォー、アウト・オブ・タイム、インファナル・アフェア、M:I:3、オーロラの彼方に、共犯者、クリムゾン・リバー、サイモン・セズ、ザ・セル、ダイハード、沈黙の要塞、追跡者、電撃 -DENGEKI-、逃亡者、ドリフト、バッドボーイズ2バッド、ハリウッド的殺人事件、ハンニバル、亡国のイージス、ホーム・アローン3、ボーン・コレクター、マキシマムタイド、マッスルヒート、身代金などなど多数。

で、今日のRoseはちょっとマイナーな女優さん、ジェニファー・エスポジートです。

ジェニファー・エスポジート(Jennifer Esposito)は、1973年4月11日ニューヨーク州ブルックリン出身の女優&ダンサー。苗字と写真を見ていただければ分かるように、彼女はイタリア系です。

1990年、17歳でに「ロー&オーダー」の端役でデビュー。しばらく芽が出ませんでしたが、1999年にスパイク・リーの「サマー・オブ・サム」に出演。売れない時期はMTVの番組でダンサーをしていたこともあるそうです。2004年には「TAXI NY」と「クラッシュ」に出演。私の知るところとなったわけであります。

TAXI-NYでの彼女は、主人公の所轄のBOSS。こんなBOSSだと外回りなんかしないで、一日中デスクに張り付いてます、ハイ!ラスト近くでグロックを構える姿も、ちょっとフェミニンでなかなかいい。まあこれは、男っぽいジゼル・ブンチェンとの対比もあるわけですが・・・。

2007年には、ブラッドレイ・クーパーとめでたくゴールイン!4ヵ月後に離婚。ご愁傷様です。ってことは、収入がいるわけで、またスクリーンに登場していただけるんでしょうねぇ〜。

ノー・ルッキング・バック No Looking Back (1999)
ラストサマー2 I Still Know What You Did Last Summer (1998)
サマー・オブ・サム Summer of Sam (1999)
ドラキュリア Dracula 2000 (2000)
犯罪潜入捜査官 The Proposal (2000)
サウンド・オブ・サイレンス Don't Say a Word (2001)
ウェルカム トゥ コリンウッド Welcome to Collinwood (2002)
恋のトリセツ 〜別れ編〜 Breakin' All the Rules (2004)
クラッシュ Crash (2004)
TAXI NY Taxi (2004)

投稿者 boss : 2008年06月25日 18:51

★★いただいたコメント★★

★★ぜひぜひ、コメントしてくださいね!★★




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)