2008年7月アーカイブ

「ばあちゃんの一言」

2008年7月30日 22:11 | COLUMN | コメント(2)

今日は朝からお客様を訪問し、大型案件の実質のキックオフ・ミーティング。精一杯やらせていただきます、どうかよろしくお願いいたします。午後からは別のお得意様を訪問し、企画説明ほか打ち合わせ。こちらも大型案件です。よろしくお願いいたします。体調も大分戻ってきて、夜は同友会のプロジェクト委員会に参加。中身もさることながら、支部相談役の方々に短い時間でしたがご意見をいただけたのが、なによりの成果でした。

さて、一昨日の「見知らぬ青年を乗っけた事件」に関して、沢山の方々からいろんなご意見をいただきました。ありがとうございます。

[ READ MORE ]

「袖すり合うのも、何かの縁!」

2008年7月29日 22:12 | COLUMN | コメント(4)

今日は、夜に「かがわアート塾」企画実行委員会があり、副委員長でもある私は一応ウェブサイト担当としての経過報告をしなければいけないので、疲労困憊ながらもはいずりながら参加。皆様方、貴重なお時間とご意見をありがとうございました。9月末の「前夜祭」、10月の「オペラ塾」に向けて、フォーカスが定まってきたような気がします。

昨日は猛暑の中、車で一般道を移動し、多度津のお得意様を訪問。どうかよろしくお願いいたします。その後、帰路に坂出市にあるお得意様を訪問し、「さて帰社しましょうか!」と車を走らせ始めたところ、国道沿いにピンクのTシャツの茶髪のお兄ちゃんがぽつんと立っていて、なにやら手を上げている。

[ READ MORE ]

BABEL 邦題:バベル

2008年7月28日 20:09 | Movies

役所広司や菊地凛子が、ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナルとの競演ってことで話題になった映画ですので、とにもかくにも見なければ・・・。

三男の事故死によって壊れかけた夫婦の絆を取り戻そうと、モロッコ旅行に出かけたアメリカ人夫婦リチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)、言葉の通じない異国の砂漠の真ん中でスーザンが銃撃を受けるというアクシデントにあいます。

[ READ MORE ]

音のない夏の日に

2008年7月28日 02:22 | 空の写真館

[ READ MORE ]

フランソワーズを見守って・・・

2008年7月27日 21:37 | COLUMN

そのフランソワーズの近くには、父が通りすがりの人の目を楽しませようと植えた昼顔が満開です。

自らは、暑さの中で花開きながら、フランソワーズの成長を見守っています。

フランソワーズ、初めての夏。

2008年7月27日 21:30 | COLUMN

春先に我が家にやってきたフランソワーズ。生まれ育った地中海の温暖な夏ではない、猛暑の我が家の庭先で、すくすくと育っています。

[ READ MORE ]

とっても嬉しいおみあげ!

2008年7月27日 21:22 | COLUMN

先日、このブログでちょっとご報告した、とっても嬉しいおみあげをいただいたことを、遅ればせながらご報告。

これです!

[ READ MORE ]

Tears of the Sun 邦題:ティアーズ・オブ・ザ・サン(2003)

2008年7月27日 17:51 | Movies

別にあえてセレクトしてるわけではないのですが、またまたブルース・ウィリス主演作。今回は戦争ものです。

ブルース・ウィリスと対照的な軍人役がトム・ハンクス。ブルースがビック・モローだとするとトムはリック・ジェイスン!?って、わかる人にだけのお話ですが・・・

アメリカ海軍特殊部隊シールのウォーターズ大尉(ブルース・ウィリス)にとって、人生とは戦場であり人生の目的は軍人としてのミッションの遂行でした。

[ READ MORE ]

TOMB RAIDER 邦題:トゥーム・レイダー

2008年7月27日 00:07 | Movies | コメント(2)

なんと言っても、イントロのララと殺人ロボット、サイモン(監督?)とのバトルは、ガン・アクション好きでしかもちょっとエロ好きなおじさんにはたまりません。この部分だけ、何度繰り返し見たことか・・・。

世界中でヒットした人気ゲームをアンジェリーナ・ジョリー主演で映画化したアクション・アドベンチャー。

[ READ MORE ]

PLANET TERROR 邦題:プラネット・テラー

2008年7月26日 22:29 | Movies

皆さんは、ブルース・ウィリスというと何をイメージされますか?やはり4作目を数える「ダイ・ハード」でしょうか?あの走り回る刑事のイメージは強くて、「16ブロック」なんかでもいい役演じてますよね!他にも「隣のヒットマン」とかのいわゆる有無を言わさぬ暗殺者のイメージもあって、「ラッキーナンバー7」なんか、彼らしいですよね!

そんな彼が「俺も出てるけど、いい映画だよ!」というからには・・・。ジャケットのお姉ちゃんもエロかっこいいし・・・。いけそうな、ガンアクション映画みたい。右足がM16なのが、ちょっと気にはなるけれど・・・。

[ READ MORE ]

モーツァルト ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488(1786)

2008年7月26日 08:56 | CLASSICS

はい、モーツァルトファンの皆さん、お待たせいたしました、「ヨン・パッ・パー」です。

旅から旅の生活に終止符を打ち、ウィーンに定住を決めてはや5年。自らの演奏会を開いて収入を得、また自ら演奏する為に数々の名作を残していた彼の、そういう意味では最も成熟していた時期の一連のピアノ・コンチェルトのなかでも、皆さんに親しまれているのがこの23番ではないでしょうか?

[ READ MORE ]

「成果主義 その2」

2008年7月24日 10:56 | COLUMN

昨日は、朝一からお得意様を訪問させていただきました。帰社して、コリコリとデスクワーク。午後から夕方にかけて3件のお得意様を訪問。帰社してコリコリ。夜の8時にお得意様からのファイアー・コールを受けて消防隊出動、帰宅は11時前でした。

一昨日、「成果主義」について書いたら、昨日の地方紙一面に「成果主義 運用改善を」の文字が踊っている。

厚生労働省発表の労働白書によりますと、

[ READ MORE ]

「成果かプロセスか!」

2008年7月22日 23:59 | COLUMN

世間的には週明け!?私自身は土曜日も昨日も、トホホ者らしくせっせと仕事してました・・・。そう、あの法則どおりに・・・。

今日は、案件企画やら何やらで、週末のジャブも効かず朝から全開でした。夕方には1件、お客様を訪問させていただき、その後同友会の支部例会へ。大先輩で師でもある社長さんの体験報告は、いつもながら学ぶことばかり。逆に、己の稚拙さを思い知らされるばかり。いやー素晴らしい例会でした。

[ READ MORE ]

STAMPEDE by The Doobie Brothers (1975年)

2008年7月18日 23:01 | ROCK

今を遡ることうん十年。受験を目前に控えた高校三年の夏。昼間は寝て、夜中から朝にかけて虫の音を聴きながら机に向かう、高校生活最後の夏。

ある夜、FMから流れてきたのは、まごうことなきアメリカンロック。ベースラインが印象的な、軽快でかつタイトなリズム感が強く、アコースティックの透明感もあるロック。それが、ドゥービー・ブラザーズの「スタンピード」でした。

早速、地元のレコード屋さん(!)に注文して(!)LPレコードを入手。なにせ、田舎なものなので、よほどのバンドじゃないと在庫など置いていませんでしたので。

それからというもの、夏の間中、レコードが擦り切れるほど聞きました。いや、秋になり、周りの田んぼが一面黄金色に輝く頃になっても・・・。

[ READ MORE ]

「天文学者になりたかったの巻」

2008年7月17日 23:40 | COLUMN

なぜ冬の太陽はあんなに優しいのに、夏の太陽はこんなにも厳しいのでしょう。一年を通して何も変わらない、1秒間に400万トンの水素をヘリウムに変えながら、6000度で燃えているだけなのに・・・

そして私も燃えています。いや、尻に火がついているというのが正しい表現です。今日は夕方からお客ささまを訪問させていただきました。長時間にわたり、ありがとうございました。そのかわり、知人の祝賀会(?)には参加できませんでした。申し訳ありませんでした。

[ READ MORE ]

「ゾウリムシ」

2008年7月16日 23:04 | COLUMN | コメント(2)

今日も暑かったですね!外でお仕事されている方は、本当にご苦労様です。私もその昔は、工事現場の中を、図面を抱え墨つぼや差し金を握り締めて走り回っていましたので、冬の寒さと夏の暑さが堪えるのはよくわかります。

今は、そういう意味の生産現場からは離れてしまいましたが、うちは一応制作会社ですし、制作の現場といいますか、作業してもらってる社員さんとは常につかず離れずで日々を過ごしています。

[ READ MORE ]

マスカーニ 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」

2008年7月15日 23:05 | CLASSICS

さて今夜は、うどん屋で間奏曲を聴いた、歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」をご紹介します。

「カヴァレリア・ルスティカーナ」とは、「田舎の騎士道」というような意味なのですが、そもそも騎士道といえばかつて王侯貴族の専売特許みたいなものが、実は時代の大衆化のなかで、当時文化芸術の中心人物となってきた一般人の、しかもシチリアの田舎での騎士道を引き合いに出すような、ある出来事を描いたものなのです。

シチリアの田舎の村に、母思いのトゥリッドゥという若者とローラという美しい娘が住んでいました。二人は、美しい地中海の自然の中で、永遠の愛を誓い合っていました。彼の母ルチーアは、村で居酒屋を切り盛りしていました。

[ READ MORE ]

「うどんとオペラ」

2008年7月15日 21:58 | COLUMN

今日も暑い一日でした。この暑さに、愛車モビーのエアコンもついにダウン。吹き出し口からは熱風が・・・。車内温度は40度を超え、意識も絆も朦朧として・・・。

えっ?絆は関係ない?そ、そうですね!で、これはたまらん!とディーラーにお邪魔しこうこうしかじか説明すると、案の定コンプレッサー交換しなきゃいけない。「費用は、○○円!!!」め、めん玉が両方飛び出してしまい、あわてて拾って元に戻して、事なきを得ましたが・・・。片方戻ってからは楽だったのですが、両方ないときには、探すの苦労しました!って、もういい?

でまあ、「こんな暑い日は、やはり冷やしぶっ掛けに限る!」と、うどんの写メでも載せれば、うどんブログなら終わるのですが、トホホ・ブログはここから勝負!

[ READ MORE ]

「身代わりマグカップ」

2008年7月14日 23:59 | COLUMN

新しい一週間が始まりました。今日はどこにも出かけずひたすらデスクワーク。夜は同友会の役員会でした。

昼間、居眠りしてたわけでもなく、グラフ化した数字を縦から横から眺めているとき、ふと何気に脇にあったコーヒーカップをひっくり返してしまい、カップはコーヒーをぶちまけながら引力のとりこに・・・。

[ READ MORE ]

一枚の絵画・・・「肖像画に魂が宿る」

2008年7月14日 01:45 | ART

「ある夫人の肖像」ファン・デル・ウェイデン(1460)

前回ご紹介したロベルト・カルビンを師とする北方絵画の巨匠が、今日ご紹介するファン・デル・ウェイデンです。20代後半という、遅い時期に画家を目指すことになった彼は、カルビンのもとでめきめきと頭角を現し、ヤン・ファン・エイクと共にブルゴーニュ公国フィリップ善良公の庇護を受けます。そして彼の作品は、ヨーロッパ中に広まってゆきます。

[ READ MORE ]

THE BRAVE ON 邦題:ブレイブ ワン

2008年7月13日 16:05 | Movies

結婚を目前に控え、ささやかだが幸せの真っ只中にいるラジオDJのエリカ(ジョディ・フォスター)。ある夜、犬の散歩にと婚約者デイビッド(ナビーン・アンドリュース)と一緒に出かけたセントラルパークの一角でチンピラに襲われ、彼女は意識不明の重態になります。事件から一週間後、昏睡状態から目覚めた彼女は、婚約者の母親から彼の死を知らされます。

「街頭、喧騒、人の気配」。都市生活のトラウマを抱え込み、外出さえままならない失意の彼女は、山のように事件を抱え事務的にしか対応しない警察には頼れないと、自ら護身用というよりは精神安定用に一丁の拳銃を手に入れます。

[ READ MORE ]

OLIVER TWIST 邦題:オリバー・ツイスト

2008年7月13日 02:45 | Movies

ビクトリア時代の文豪チャールズ・ディケンズの名作「オリバー・ツイスト」を、「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキーがリメイク、まあいわばイギリス版「おしん」という感じでしょうか?
19世紀のイギリス。救貧院に連れて来られたオリバーは、くじ引きの結果、貧しい食事で空腹を我慢できない孤児を代表し、おかゆのおかわりを要求して追放されます。葬儀屋に5シリング付きで奉公することになりますが、不当な仕打ちを受けてそこを逃げ出し、一路大都会ロンドンを目指します。

[ READ MORE ]

The English Patient 邦題:イングリッシュ・ペイシェント

2008年7月12日 22:41 | Movies | コメント(2)

「○○、ラブホに入って一軍入れず!」なんて見出しが躍ってます。超高級ホテルで行われたサミットの話題をすっかり食ってしまった一泊9800円ラブホの話題、テーマは不倫です。そして、今日ご紹介するこの映画も、まあいわば男女の不倫を描いたものなのですが、この前の「こわれ行く世界の中で」に遡ること10年前のアンソニー・ミンゲラの描く不倫の世界は、人の命を遥かに超えた「至上の愛」の物語でもあります。

[ READ MORE ]

「集中力」

2008年7月12日 12:43 | COLUMN | コメント(2)

世の中には、マーフィーのも含めていろんな法則があるのですが、「給料の高い奴ほど、休みが多い」なんてふざけたのもあります。そんなことで、私は今日は休日出勤です。

以前の仕事では、「休みといえば盆と正月だけ」くらいの勢いで、しかも月の残業は軽く200時間を超え・・・なんてことを平気でやってたんですが、今の会社は週休2日。あの頃は、テレビコマーシャルで「24時間、戦えますか!?」なんてやってて、みんなジャック・バウアーみたいなこと平気で信じてましたが。

[ READ MORE ]

「続・中小企業野球」

2008年7月 9日 23:59 | Baseball

今日は朝一番から、5件のお客様お得意様を訪問させていただき、あれこれ打ち合わせさせていただきました。いろいろと気づき学びもありましたし、素晴らしいプロジェクトのアイデアも何件か出てきました。最近、Yahoo!の星占いがずっとハイスコアなのはこういうこと?(って、相変わらず単純ですが・・・)

ただ、予想される緊張のせいか(???)、夕べは朝の4時近くまで眠れずにブガッティについてブログ投稿してたので、今日は終業とともにブレイクダウン。夕食後には完璧に電池が切れ、3時間ほど昼寝をしておりました。おはようございます。

さて中日戦2日目のカープですが、Yahoo!の見出しはこうです。

[ READ MORE ]

REBUS 邦題:ブガッティ・ロワイヤルの女

2008年7月 9日 03:06 | Movies | コメント(10)

今日のシネマは幻の1本。というのは今から20年ほど前の映画なのですが、現時点でDVD再販されていない。かくいう私もかつてテレビ放映されてビデオに録画したものをDVD化したものしかありません。

12月、クリスマス・イルミネーションに輝くパリの街に、一人の青年が列車でやってきます。バスク人のラウルと名乗るその若者は、「ブガッティを求む 迷い象」という新聞広告を出した修理工場を営む初老のカラバスを訪ねてきます。大枚を銀行でおろしたカラバスは、若者とともにシトロエンに乗って、ブガティのあるというピアリッツを目指しますが・・・。

[ READ MORE ]

「中小企業野球」

2008年7月 8日 22:26 | Baseball

今日は(も?)、相当かなり過激にむかっ腹の立つことがありましたが、まあ抑えて「どーっ、どーっ!」。ここは一つ、クールに行きましょう!

[ READ MORE ]

Gacktさん。

2008年7月 8日 17:57 | COLUMN | コメント(4)

実は密かに、Gacktのファンだったりして、勘助よりも謙信が楽しみだったりして・・・。

風林火山も篤姫になっちゃったわけですが、このたびお客様のところでGacktさんを前面に打ち出したサイトをオープンさせました。やっぱり、ええ男やなぁ〜。(^_^;)

exsanas.jpg

LUCKY NUMBER SLEVIN 邦題:ラッキーナンバー7

2008年7月 7日 23:59 | Movies

仕事をクビになり、帰宅するとガールフレンドは浮気の真っ最中!トホホな誰かさんみたいですが、「もう、こんな生活、いや!」とばかりに家を飛び出し、目指すは知人の住むニューヨーク・・・。

[ READ MORE ]

今ここにあなたのそばにいることで生きてる意味を私は知った

2008年7月 6日 23:59 | 空の写真館

造形美

2008年7月 5日 11:07 | ART

自然の持つ美しさというものは、何物にも変えがたく、感動と畏敬の念を忘れてはならないと思いますが、人の手、人の頭と心で作るカタチやアート、そして建築をやってたもんで、構造物・建築物にも興味があります。

梅田スカイビル

[ READ MORE ]

Sultans of Swing by Dire Straits (1978)

2008年7月 4日 23:59 | POPS

BGMのダイアー・ストレイツをご存じない方に、あるいは懐かしさに涙を流してください。

梅雨明けのうだる夜には、マーク・ノップラーのストラトのはじける澄んだ音色をご堪能あれ!

[ READ MORE ]

「梅雨が明ければ、倫理社会の時間です。」

2008年7月 4日 23:59 | COLUMN

なんと例年よりも20日も早く、梅雨が明けてしまいました。強固な梅雨前線のはずが、強烈な太平洋高気圧に吹き飛ばされてしまいました。うだる、暑い夏がやってきました。といっても私は夏男。一年で一番はしゃぐ季節、それが夏です。

お陰さまで、風邪薬と筋トレの甲斐あって、頭痛・倦怠感もほぼ治まりましたが、さすがに週末ですので、電池切れです。胸のランプが、赤く点滅し始めました。

[ READ MORE ]

「風邪を引いたら、社会科のお勉強!」

2008年7月 3日 23:30 | COLUMN | コメント(6)

今日は暑かった〜ようですねぇ〜。ってか、私自身は相変わらず一日中缶詰状態でしたので、あまり気にならなかったのですが、地元香川では35度を超えたようです。うひゃ、私の体温よりも高い!?

[ READ MORE ]

悲しい目をしたあなたに野の花を一輪届けましょ

2008年7月 2日 23:26 | 今日の一休み | コメント(4)

あなたの周りでは時の流れも柔らかく通り過ぎてゆく

2008年7月 2日 23:24 | 今日の一休み

雨降れどさす傘もなし道端の花にも似たり吾が命かな

2008年7月 2日 23:22 | 今日の一休み

生まれきてひと時だけの命ゆえその美しさはかなきものか

2008年7月 2日 23:20 | 今日の一休み

ひっそりと誰待つでなく畑の端に鮮やかに咲く君を見つけた

2008年7月 2日 23:18 | 今日の一休み

「男子たるもの、言い訳はしない。」

2008年7月 2日 22:22 | COLUMN | コメント(2)

昔はよく、あれこれ言い訳に「忙しい」という言葉を使っていましたが、どうも世の中にそんな言い訳は存在しないことに気がついてから、自分にも「忙しいから」と言い訳を言えなくなってしまい、「忙しいのはあたり前」ということになって、ますます追い詰められて(自ら追い詰めて?)、逆に開き直っていろいろとはかどったりします。

[ READ MORE ]

「これまでのみなさまに感謝」

2008年7月 1日 23:38 | COLUMN | コメント(2)

昨日は、私用で一日お休みをいただいておりました。ご迷惑をおかけしました。今日は朝から全開です。昼食をとったのは、3時を回っておりました。

夜には「かがわ文化芸術祭2008」の「かがわアート塾」企画実行委員会に出席させていただきました。出席のご褒美にと「副委員長」を拝命。早速、アートの勉強、しなくっちゃ・・・^_^;

この「アート塾」、行事としては9月の「前夜祭」、10月に「オペラ塾」、12月にはクリスマスor年末イベント、そして来年2月に最後の塾(内容未定)を開催予定です。このブログでも都度ご案内してゆきますので、皆さんお気軽にご参加ください!

[ READ MORE ]

« 2008年6月 |  メイン  | 2008年8月 »

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.