OLIVER TWIST 邦題:オリバー・ツイスト

2008年7月13日 02:45 | Movies

ビクトリア時代の文豪チャールズ・ディケンズの名作「オリバー・ツイスト」を、「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキーがリメイク、まあいわばイギリス版「おしん」という感じでしょうか?
19世紀のイギリス。救貧院に連れて来られたオリバーは、くじ引きの結果、貧しい食事で空腹を我慢できない孤児を代表し、おかゆのおかわりを要求して追放されます。葬儀屋に5シリング付きで奉公することになりますが、不当な仕打ちを受けてそこを逃げ出し、一路大都会ロンドンを目指します。

7日間歩き続けて、やっとの思いでロンドンにたどり着いたオリバーは、スリの少年に拾われ、食事と寝床にありつく代わりに、フェイギン(ベン・キングズレー)率いる少年スリ団の一員として寝食を共にすることになります。

のっけから、ポランスキー・ワールドが全開です。「戦場の」では第二次大戦中の廃墟と化すポーランドの灰色の町並みでしたが、今度は19世紀のロンドンの薄暗い下町。そこに例の如く対照的な、純粋でひたすら無垢な主人公オリバーが置かれます。

貧困にあえぐ最下層の人々を通して、当時の政府の制度に厳しく切り込んだ原作でしたが、この映画ではちょっとたよりないオリバーがピアニスト・シュピルマン同様に、ヒューマンドラマとして同情と親近感を持って描かれます。

また全体にユーモアを交えながら、泥棒という生活を送る人々の日常を描き、そしてディケンズとポランスキーに共通する罪のない人間愛が描かれています。

オーディションで大抜擢のオリバー演じるバーニー・クラークは、まあ可もなく不可もなく。「ラッキーナンバー7」でも名演だったベン・キングスレーが、少年たちを束ねる窃盗団のボスを見事に演じています。彼の言葉、「泥棒は罪だが、恩義を忘れることはもっと罪だ」という言葉が印象的です。

泥棒をして暮らすことをお勧めはしませんが、どんな仕事、どんな暮らしをしようとも、とにかく清い心を持つことが大切だということでしょうねぇ〜。それにしても、端から端まで思いっきり「キングス・イングリッシュ」です。って、あたり前か・・・。

出演:バーニー・クラーク,ベン・キングズレー,ハリー・イーデン,ジェイミー・フォアマン,エドワード・ハードウィック,マーク・ストロング,リアン・ロウ

監督:ロマン・ポランスキー 2005年

BOSS的には・・・★★☆☆☆

オリバー・ツイスト
バーニー・クラーク

ポニーキャニオン
2006-06-30
Amazon.co.jp ランキング: 21532位

おすすめ平均:3.5
4エドワード・ハードウィック
5見た後にすがすがしくなります!
4オリバー・ツイストとポランスキー

Amazon.co.jpで見る by Azmix

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

  • logo_tsts2.jpg
  • superman.jpg
  • RighteousKill.jpg
  • TheRookie.jpg
  • Shaolin-Temple.jpg
  • The-Long-Kiss-Goodnight.jpg
  • arukatorazu.jpeg
  • arukatorazu.jpeg
  • neko-taxi.jpg
  • constantine.jpg

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.