ひこうき雲 by 荒井由実

2008年9月 1日 23:39 | Short story

「指きりなんかキラい。約束なんかしないからね、ゼーったい!」

そう言って君はいつも、つぎ何時逢うかさえ、決めなかった。

「明日なんて日はねぇ、来ないかもしんないんだよっ!」

そしてあたり前のように、ある日突然電話してきて、
「ねえ、今から夕日が沈む海、見に行こうか!」とか「夜明けがね、見たいの!」とか・・・

君はいつも、空を見上げていた。
息を切らしてやってくる僕を待ってる間も、二人並んで歩いてる時も、夕日を見ながら肩を並べて座ってる時も。

「雲ひとつない空を見ながら深呼吸するとね、吸い込まれるんだよ、空に!」

「ねえねえ、あの雲は昨日見えてた雲?違うの?」

「綿菓子ーっ!」「ねずみーっ!」「ショートケーキっ!」

「私ね、ひこうき雲にだけはなりたくないの・・・なるなら、あんなまんまるいやつがいいな!」

突然、僕を呼び出したと思ったらこれだ。まったく。

  ゆらゆらかげろうが
  あの子を包む
  誰も気づかす
  ただひとり
  あの子は昇ってゆく
  何もおそれない
  そして舞い上がる

ある日、電話に出ない君は、病室の白い雲の上に横たわっていた。

「先生がね、君は雲が好きだから、体の中にも雲が入ってきちゃったんだって!」

白血病だった。

「ねえねえ、約束はしないけど・・・」

「何?」

「病気が治ったら、また空を見に連れてってね!」

「ああ、約束はしないけど、必ず・・・」

「だめならいいよ、つれてってやんないから・・・高ーい空に!」

  空に憧れて
  空を駆けてゆく
  あの子の命は
  ひこうき雲

病室の窓から、愛しそうに空を見ていた君の横顔が、僕の見た最後の君だった。
誰にも、何ひとつ約束をしないまま、君は空へと昇っていった。たったひとりで。

でも

空に昇っていった君は、きっと幸せだった。
だって、あのまぶしそうな笑顔のままだったもの・・・

ひこうき雲
荒井由実

おすすめ平均:5
5大嫌いだったバブルの象徴
5名盤中の名盤!
5ここから始まったユーミンワールド
5異常にませたガキが大きくなって
5今も輝く傑作アルバム

Amazon.co.jpで見る by Azmix

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

  • skyfall.jpg
  • babettes_gaestebud1.jpg
  • nekozamurai.jpg
  • speed.jpg
  • taxi.jpg
  • iron_man_2.jpg
  • logo_tsts2.jpg
  • superman.jpg
  • RighteousKill.jpg
  • TheRookie.jpg

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.