SPLENDOR IN THE GRASS 邦題:草原の輝き

2008年12月 3日 23:51 | Movies | コメント(2)

草の輝くとき
花美しく咲くとき
ふたたび
それは還らずとも 
嘆くなかれ
その奥に秘められし
力を見出すべし

ワーズワースの「草原の輝き」の一節です。この詩がモチーフになった、巨匠エリア・カザンの描いた青春ドラマ。

1920年代の中西部。高校生のバッド(ウォーレン・ベイティ)とディーン(ナタリー・ウッド)の二人は恋人。普通の中流家庭の娘であるディーンは、セックスに嫌悪感を持つ母親の影響を受け、バッドのすべてを受け入れることが出来ません。

一方のバッドは、父親が石油関連の企業を経営する裕福な家庭の一人息子。自慢の息子をエール大学に入れたい父親の思いは、彼にとっては大きな負担となっていました。

若い二人によくある行き違い。といっても、今時は携帯メールでベッドインの時代なのかもしれませんが、少なくともフリーセックスが声高に叫ばれた60年代後半以前は、これがあたり前でもありました。

そしてついに、バッドは別のクラスメートの誘惑に負けてしまいます。そのことを知ったディーンは河に身を投じ、バッドによって命は救われたものの、壊れた魂を癒すため精神病院に行く事になります。

世界恐慌の時代を経、二人は再会することになるのですが・・・。

先にもお話しましたが、ファーストフードのようにセックスが手に入る現代では、こんなことで悩み苦しみ、人生までも大きく変えてしまうような純愛など、鼻にもかからないお話かもしれませんが、人が個人として、自分以外の人間と関わることの大変さ、コミュニケーションなどと言う言葉で片付けてしまいがちな「心を伝えることの大切さ」。そういうことを、しみじみと考えさせられます。

ウォーレン・ベイティ、若いです。デビュー作です。プレイボーイはこれからというところです。一方、「理由なき反抗」でジュディを演じたナタリーウッドは23歳、若く美しいです。若きハリウッドスターたちが輝き、そして苦悩し、草原を吹き抜ける風のような見事なエンディングです。

「青春時代」とは、ほろ苦い思い出のつまった時代。いや、人は真剣に誰かと関わろうとする時、本当はいつもこういう苦悩の中にいなければいけないのかもしれません。悲しさよりも切なさで胸いっぱいになるエンディング。ただの青春映画とは呼びたくないのですが・・・。アカデミー脚本賞受賞。

出演:ウォーレン・ベイティ,ナタリー・ウッド,パット・ヒングル,ゾーラ・ランパート,サンディ・デニス

監督:エリア・カザン 1961年

BOSS的には・・・★★★★

草原の輝き [DVD]

おすすめ平均:4
3芸術性はとぼしい
5純愛に泣きました
5心の道標
5青春の儚い輝き
3青年の純愛物語 Good!

Amazon.co.jpで見る by Azmix
もっとムービー・アーカイブスはこちら >>> 「ムービー・インデックス」

コメント(2)

検索で見つけたので、
この記事にリンクさせていただきました。
事後承諾でゴメンナサイm(__)m

> uiriさん

勝手気ままなお話ですし、
完全リンクフリーですので、
お気遣いなく。

お越しをお待ちしております。 (~o~)

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

  • logo_tsts2.jpg
  • superman.jpg
  • RighteousKill.jpg
  • TheRookie.jpg
  • Shaolin-Temple.jpg
  • The-Long-Kiss-Goodnight.jpg
  • arukatorazu.jpeg
  • arukatorazu.jpeg
  • neko-taxi.jpg
  • constantine.jpg

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.