2009年3月アーカイブ

2009年、「地上の夢」始まる!

2009年3月30日 22:39 | F1 & Cars & Bike

ということで、昨日F1の2009年シリーズが開幕しました。第一戦はオーストラリア、アルバートパーク・サーキット。昨年は、チャンピオン・ハミルトンがポール・トゥ・フィニッシュを飾ったレース、さて今年の展開は・・・。

[ READ MORE ]

THE PINK PANTHER 邦題:ピンクパンサー

2009年3月26日 23:59 | Movies

無能なダメ警部が、殺人事件とダイヤモンドの行方を巡って活躍するドタバタ・コメディ。ご存知、ピーター・セラーズによる60年代の大ヒットシリーズのリメイク版です。

サッカーの準決勝戦、フランス対中国。母国フランスの勝利の瞬間、チームを率いる監督グルアン(ジェイソン・ステイサム)が何者かに毒矢で殺害され、彼の指で輝いていた高価なダイヤモンド「ピンクパンサー」も消えてしまいます。

[ READ MORE ]

連覇達成!おめでとう、やったね!

2009年3月24日 20:06 | Baseball | コメント(2)

ということで、皆さんも仕事をサボってご覧になってましたね?WBC2009。岩隈もすごかったし、やはり10回のイチローですね。

[ READ MORE ]

「みよしの森SHOP」がオープンしました!

2009年3月24日 17:20 | COLUMN

私も会員の一人である「吉野川(三好)流域林業活性化センター」の運営する「みよしの森SHOP」がリニューアル・オープンしました。


みよしの森SHOP

[ READ MORE ]

同友会女性委員会主催「ビジネスマッチング」に参加しています。

2009年3月22日 13:17 | COLUMN

今日は全国的に日曜日ですが、同友会の女性委員会のお誘いを受け、ビジネスマッチングに参加しております。出展もしてますが、メインの仕事は机椅子運びですが・・・^_^;

[ READ MORE ]

The Producers 邦題:プロデューサーズ

2009年3月20日 00:24 | Movies

アカデミー賞脚本賞を受賞した1968年のメル・ブルックス監督の傑作コメディを、2001年にミュージカル上映しトニー賞12部門受賞。という偉業をなしとげた舞台を基にしたコメディ・ミュージカル映画。監督はブロードウェイの演出・振付家のスーザン・ストローマンが映画初監督。映画というよりは、芝居仕立ての面白おかしいミュージカルです。

かつてはブロードウェイの大物プロデューサーだったマックス(ネイサン・レイン)は、ヒット作に恵まれず今はすっかり落ち目。ある日、さえない会計士レオ(マシュー・ブロデリック)が訪れ、舞台をヒットさせるのではなく、わざと大失敗すれば大もうけできることがわかります。

金に目がくらんだマックスは、プロデューサーを夢見ていたレオを口説き落とし、世紀の大駄作のプロデュースを企みます。

[ READ MORE ]

The Apartment 邦題:アパートの鍵貸します

2009年3月19日 00:24 | Movies | コメント(2)

「麗しのサブリナ」でもご紹介した、ハリウッドの巨匠にして元祖ラブコメの神様的監督ビリー・ワイルダーが「お熱いのがお好き」に引き続きジャック・レモンを起用して撮られた、大都市ニューヨークで働く男女の恋模様を描いたラブ・コメディ。アカデミー賞作品賞・監督賞・オリジナル脚本賞・美術監督装置賞・編集賞受賞。

ニューヨークにある大手保険会社の平社員バクスター(ジャック・レモン)は、出世していずれは幹部にという野望を抱いて、多忙な毎日を過ごしています。実は彼には秘策がありました。昇進に影響力のある4人の上司たちに、自分のアパートの鍵を貸すこと。上司たちは彼の部屋を使って、愛人たちとの甘い時間を過ごすと言う次第でした。

[ READ MORE ]

「砥部焼まつり2009」が開催されます!

2009年3月17日 19:18 | COLUMN | コメント(2)

先日、砥部の森さんの陶房にお邪魔しました。いろいろと無理なお願いをいたしましたが、どうかよろしくお願いいたします。このお話はまたいずれ。

で、来月18日(土)と19日(日)に、砥部町にて「砥部焼まつり2009」が開催されます。砥部焼の総合展示会としては、もちろん日本最大のイベントです。

[ READ MORE ]

ベートーヴェン ピアノソナタ第14番 変ハ短調 作品27-2「月光」(1801年)

2009年3月16日 21:36 | CLASSICS

今日は、「悲愴」「情熱」と並んで、ベートーベンの「3大ピアノソナタ」と称される14番「月光」です。自殺の際から戻り、再出発を誓った彼の中期代表作のひとつ。 作品番号を見ていただくとお分かりの通り、この曲は13番と同時につくられ、作曲者自身によって「幻想曲風ソナタ」と名づけられました。

[ READ MORE ]

マリー・アントワネットのドレス集

2009年3月16日 02:09 | COLUMN

お約束どおり、マリー・アントワネット演じるキルステン・ダンストの全ドレスを一挙ご紹介。これを見ると、あの映画はドレスと彼女だけのシーンでできていたことがわかります。(笑)

[ READ MORE ]

ベートーヴェン ピアノソナタ第8番 ハ短調 作品13「悲愴」(1798年)

2009年3月16日 00:58 | CLASSICS

ベートーベンの初期を代表する傑作であり、「月光」「情熱」とともに3大ピアノソナタの1曲です。

ベートーベンを語るには、恩師ハイドンとの出会いを忘れてはなりません。1972年、彼が22歳の時でした。程なく彼は、ピアノの即興演奏のヴィルトゥオーゾ(名手)と呼ばれるようになります。

しかしその後、持病の難聴が徐々に悪化。26歳になる頃には中途失聴者となります。音楽家として生きることを夢見ていた青年は、前途を悲観し悲嘆にくれます。そんな失意の時代に作られたのが、この「大ソナタ悲愴」でした。

[ READ MORE ]

Marie Antoinette 邦題:マリー・アントワネット

2009年3月14日 01:42 | Movies

「ベルバラ」でも有名な悲劇の女王マリー・アントワネットの半生を、ガーリー・ムービーの女王ソフィア・コッポラが描いた歴史絵巻。私の大、大、大好きなキルステン・ダンスト主演ですので、ガーリーだろうがボービーだろうが、何はさておき見なくては・・・。

オーストリアはハプスブルグ家の子女、14歳になったマリー(キルステン・ダンスト)は、同家の家訓に基づき(笑)、母マリア・テレジア(マリアンヌ・フェイスフル)の意によって、対イギリスのためのフランス同盟を確たるものとするため、フランス王太子に嫁ぎます。

[ READ MORE ]

明日への遺言

2009年3月14日 00:47 | Movies

太平洋戦争中にB29のパイロットたちを処刑した為に、戦後B級戦犯として裁判を受けた岡田資陸軍中将の戦犯裁判を通した戦い、彼の言う「法戦」を描いた史劇作品。大岡昇平の小説「ながい旅」を元に、黒澤明の愛弟子と言われる小泉堯史が監督。古き良き日本人である主人公を、藤田まことが熱演。

終戦間近の昭和20年3月。アメリカは、それまでの軍事施設を標的にした爆撃から大きく方向転換し、一般人の住む都市部を無差別に爆撃するようになり、3月10日には有名な「東京大空襲」がありました。この空襲は、300機を越えるB29による爆撃が行われ、一夜にして100万人の被災者を出しました。

そしてその9日後、今度は名古屋の市街地に対する大規模爆撃、いわゆる「名古屋大空襲」が行われ、15万人以上が被災します。当時、この地を守っていたのが陸軍第十三方面軍であり、司令官は岡田資陸軍中将(藤田まこと)でした。

[ READ MORE ]

「野生のエルザ」

2009年3月12日 21:38 | COLUMN

今日も始業前からお得意さまを訪問しサポート業務。ネット接続不良の原因は、なんとハブの電源でした。その後、別の市外のお得意様を訪問し、これまた別のお得意様との3者会談。まあいわゆる、サミットってやつでしょうか?違いますね、はい。

午後からもご用命いただいた何件かの案件の作業指示書を作成したり、デスクワークをあれこれ。ええ、今日はそれほど激しくなくやりました。

[ READ MORE ]

Le Mari de la coiffeuse 邦題:髪結いの亭主

2009年3月12日 21:07 | Movies

女性の床屋さんの夫になると子供心に決めていた少年が大人になり、子供の頃の夢を実現する悲恋物語。「仕立て屋の恋」のルコント監督の描く、それはそれはフランスっぽい悲恋映画、というかヒューマンドラマでしょうか?

海沿いの町に住む少年アントワーヌ(アンリー・ホッキング)は、体臭の強い赤毛の美人シェーファー夫人(アンヌ・マリー・ピザーニ)に散髪してもらいながら、性に目覚めてゆきました。そして彼は心に決めます。「僕の結婚相手は理容師だ」と。

それから10数年がたち、すっかり大人になったアントワーヌ (ジャン・ロシュフォール)は、とある床屋で美しい女性理容師マチルド(アンナ・ガリエナ)を見かけます。「結婚相手はこの人しかいない。」そう心に決めた彼は、散髪の途中でプロポーズします。

[ READ MORE ]

(葛原風)「リーダーシップは難しい。」

2009年3月12日 00:56 | COLUMN

今日は、午前中は激しくデスクワーク。昨日の分も合わせて、激しくデスクワーク。午後から3件のお得意先様を訪問。そのうち1件は、同友会活動がらみだったりします。

帰社してまたまた激しくデスクワーク。途中、案件ミーティングなどを激しくしてたら、あっという間に激しく夕方になりました。

夕方からは、同友会組織委員長とともに旧知の社長さんの企業訪問をさせていただき、これまた激しく同友会活動。そのまま同友会役員会に激しくなだれ込みました。馬糞症の方もいらっしゃいましたが、牛糞症はありません、あしからずご了承ください。

[ READ MORE ]

Jurassic Park 邦題:ジュラシック・パーク

2009年3月10日 23:49 | Movies

遺伝子操作によって現代に蘇った恐竜たちを放し飼いにしたテーマパーク「ジュラシック・パーク」がコントロール不能に陥り、恐竜たちが人間を襲い始めるSFドラマ。当時、恐竜ブームの火付け役となったスティルバーグ監督作品。

アリゾナの砂漠で恐竜の化石の発掘作業をしているグラント博士(サム・ニール)とサトラー博士(ローラ・ダーン)の元に、彼らのスポンサーであるハモンド財団の創立者ジョン・ハモンド(リチャード・アッテンボロー)が突然やってきます。

[ READ MORE ]

The Matrix 邦題:マトリックス

2009年3月 9日 22:38 | Movies

AI(人工知能)によって自我を持ってしまったコンピュータと人類との戦いを、日常生活レベルの映像の中で表現したSFアクション。皆さんもすでに、ご覧になりましたよね!アカデミー賞視覚効果賞・編集賞・音響賞・音響編集賞受賞作品。

近未来。ソフトウェア会社に勤務するプログラマーのトーマス(キアヌ・リーブス)は、一方でネオと呼ばれる天才ハッカーでした。ある日、同じく天才ハッカーとして知られるトリニティ(キャリーアン・モス)が突然彼の前に現れ、尊敬しているハッカーのモーフィアス(ローレンス・フィシュバーン)に会うことになります。

[ READ MORE ]

「てんで、てんてこ舞!」

2009年3月 9日 22:05 | COLUMN

先週末は、午後から半年振りのアート塾第2講がありました。お昼に集合して出演者の方々全員そろっての始めての事前打ち合わせ。第1部の座談会の方向性を確認して、第2部の演目と順序を決定して、いざお客様をお出迎え。

[ READ MORE ]

「老舗の料亭のお料理は・・・」

2009年3月 9日 20:55 | COLUMN

先日、高松でも老舗の料亭である「二蝶」さんでお食事をいただく機会がありました。ということで、私も人並みに「飯ブログ」をと思い、ここに謹んで投稿いたします。

[ READ MORE ]

「仏作って・・・」

2009年3月 5日 23:59 | COLUMN

今日は昼間は、同友会活動やら企業訪問やらサポートやらで、息つく暇もなく東奔西走。夕方帰社して、見積もりやら企画やら。夜は土曜日に行われるアート塾の準備で、帰宅したのはシンデレラ・リバティ直前でした。

さて、今日のネットニュースによると、朝青龍が仏像のモデルになるらしい。しかも四天王のひとつ「毘沙門天」とくれば、さらっと通り過ぎるわけにはいかない。^_^;

[ READ MORE ]

「桃の節句」

2009年3月 3日 20:55 | COLUMN

今日はひな祭りです。起源から言えば五節句のひとつ上巳、桃の節句ですね。そういえば、会社の裏のおうちの桃の花も咲いています。

節句とは全く関係ありませんが、今日は午前中サポート1件、午後から3件のお客様お得意様を訪問させていただきました。お仕事もいただき、またお引き合いもいただきました。夕方帰社すると、お電話でも数件のお仕事をいただいたようで、本当にありがとうございます。感謝、です。

[ READ MORE ]

The Sheltering Sky 邦題:シェルタリング・スカイ

2009年3月 2日 23:59 | Movies

自らの再生と、夫婦間の愛を取り戻すために砂漠の地を訪れた男女の運命と、命とは、愛とはを問いかけるヒューマンドラマ?アカデミーには候補にも上がらなかった、故淀川長治さんイチオシ、ベルトルッチ監督の入魂の一作。イギリス映画ですが、ある意味、イギリス映画です(笑)。

第2次世界大戦の終戦間もない1947年の北アフリカ。ニューヨークからやってきた作曲家のポート(ジョン・マルコヴィッチ)と妻で劇作家のキット(デブラ・ウィンガー)は、果たせぬ夢と失いかけているお互いの愛情を癒し再生する為に、文明社会と隔絶された砂漠の地にやってきます。結婚10年、彼らは「観光客ではなく旅行者」として。

[ READ MORE ]

荒城の月 作詞:土井晩翠 作曲:瀧廉太郎

2009年3月 1日 21:08 | POPS

春高楼の花の宴
めぐる盃かげさして
千代の松が枝わけいでし
むかしの光今いづこ

[ READ MORE ]

« 2009年2月 |  メイン  | 2009年4月 »

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.