Marie Antoinette 邦題:マリー・アントワネット

2009年3月14日 01:42 | Movies

「ベルバラ」でも有名な悲劇の女王マリー・アントワネットの半生を、ガーリー・ムービーの女王ソフィア・コッポラが描いた歴史絵巻。私の大、大、大好きなキルステン・ダンスト主演ですので、ガーリーだろうがボービーだろうが、何はさておき見なくては・・・。

オーストリアはハプスブルグ家の子女、14歳になったマリー(キルステン・ダンスト)は、同家の家訓に基づき(笑)、母マリア・テレジア(マリアンヌ・フェイスフル)の意によって、対イギリスのためのフランス同盟を確たるものとするため、フランス王太子に嫁ぎます。

Marie Antoinette.jpg愛犬とさえも隔てられ、たった一人でベルサイユ入りしたマリー。豪華絢爛な宮廷生活は、しかしこれまで彼女が育った環境とは大違い。しかも王太子はEDのため数年間は初夜もなく、宮廷では「不感症」だとまで噂されます。

とまあ、史劇ですので、この後の展開は皆さんもよくご存知でしょう。この映画がただの史劇ではないことは、イントロからすでに予感されます。ここにいるのは、18世紀のフランス革命前夜の王妃なのですが、それは18歳で王妃となった一人の、等身大の少女の姿でもあります。

実際のベルサイユ宮殿でのロケによる映像は、豪華絢爛たる調度品や室内装飾を楽しむだけでも価値あり!それに加えてのキルティン・スマイルです。

当時、ヨーロッパのファッション・リーダーでもあったマリー・アントワネットの、女性サイドを柔らかく表現しているのは、ソフィアの目線とこのキルティン・スマイルでしょうか。

物語は、史実から逸脱することも間々ありますが、最後はご存知、断頭台への道に続きます。しかし、いつまでもその笑顔が続いて欲しいと思うのは、コッポラの娘の手管にかかってしまっている証拠ですよね。

マリー・アントワネット、フランス革命、ハプスブルグ家、ナポレオン、第一次世界大戦・・・。歴史のお勉強はお好きですか?でも、こんなキャッキャな映画を観て歴史に興味を持つのもありかも。

彼女や周りの女性たちのドレス姿も見ものです。アカデミー賞衣装デザイン賞受賞作品。ご結婚を控えた方の、衣装選びの前に!

出演:キルステン・ダンスト,ジェイソン・シュワルツマン,リップ・トーン,ジュディ・デイヴィス,アーシア・アルジェント

監督:ソフィア・コッポラ 2006年

製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ他

BOSS的には・・・★★★☆☆

マリー・アントワネット (初回生産限定版) [DVD]

おすすめ平均:4
3華やかな王族の宮廷生活
5使い古した題材の新しい解釈
5一人の少女
5フランス革命前夜を想像することができる絢爛たる作品。
4特典にガッカリ...

Amazon.co.jpで見る by Azmix

もっとムービー・アーカイブスはこちら >>> 「ムービー・インデックス」

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

  • logo_tsts2.jpg
  • superman.jpg
  • RighteousKill.jpg
  • TheRookie.jpg
  • Shaolin-Temple.jpg
  • The-Long-Kiss-Goodnight.jpg
  • arukatorazu.jpeg
  • arukatorazu.jpeg
  • neko-taxi.jpg
  • constantine.jpg

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.