モーリス・ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ(1899年)

2009年9月30日 23:59 | CLASSICS

季節変わりの雨の日には、静かなピアノの調べに身を委ねて。今日は、有名なラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」です。

ラヴェルは1875年生まれ。この曲が出来たのは1899年。代表作のひとつともいえるこの曲は、モーリス24歳の時の作品です。

タイトルにつけられた「亡き王女」とは、スペイン王フェリペ4世の王女であり神聖ローマ帝国の皇帝レオポルト1世の皇后であるマルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャ、通称マルガリータ女王のことです。15歳でスペインからオーストリアに嫁ぎ、もうけた4人の子供のうち3人が1歳を待たず死亡。本人も21歳の若さでこの世を去ります。

彼女の姿は、父フェリペ4世とともにかのベラスケスの描いた数枚の絵画であまりにも有名です。

女官たち(ラス・メニーナス)1656年 プラド美術館

マルガレーテ 1659年 ウィーン美術史美術館

この絵を見てインスピレーションを得た若きラヴェルが作ったのがこの曲だったのです。

曲調やタイトルから、王女の悲劇を想像してしまいがちですが、ラヴェル自身が語ったところによれば、この表題は「王女の葬送の悲哀」ではなく、「かつてスペインの宮殿で、小さな王女が踊ったパヴァーヌ」だそうです。

そう思ってあらためて聞き直してみれば、優雅さと繊細さが渾然となった美しい調べに包まれます。

しかし全体には、亡き王女への断ち切れぬ思いと拭い去ることの無い悲しみを残して、涙のような霧雨の空に天使が舞い昇るように、夜のしじまに音がひとつ、またひとつと消えてゆきます。

ピアノ名曲集

おすすめ平均:5
5クラシック初心者に最適なCD
5目をつぶると一人の女性の散歩や夢や思い出が立ち上がってくるように感じる
5フジコの弾く名曲集

Amazon.co.jpで見る by Azmix
ラヴェル:ピアノ作品全集

おすすめ平均:4.5
5最高に癒される
3テンポが遅すぎるなあ…。
5超お気に入り
5ラヴェルのピアノ作品を聴いてみたい方にお勧め。
5暖かいラヴェル

Amazon.co.jpで見る by Azmix

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

  • skyfall.jpg
  • babettes_gaestebud1.jpg
  • nekozamurai.jpg
  • speed.jpg
  • taxi.jpg
  • iron_man_2.jpg
  • logo_tsts2.jpg
  • superman.jpg
  • RighteousKill.jpg
  • TheRookie.jpg

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.