2010年6月アーカイブ

「プライド」

2010年6月30日 23:19 | COLUMN

プライド。日本語に直すと、「誇り」という意味でしょうか?

世間一般では「あの人はプライドが高い」とかいう風に、あまりいい意味には使われないのが一般的かもしれませんが、私はこの「プライド」という言葉が大好きです。

K1とプライドのどちらが好きかと言われると、何でもありのプライドではなくピュアなムエタイに近いK1の方が好きといいますか、私にとってプライドは、見る気もしない何でもありのただの取っ組み合いの喧嘩ですから。

で、話を「プライド」に戻して・・・

[ READ MORE ]

「サーカスも真夏へ!」

2010年6月29日 21:52 | F1 & Cars & Bike

週末は、「ミズノオープン よみうりクラシック」がありました。20歳の薗田選手、初優勝のプレッシャーを微塵も感じさせない素晴らしいプレーでした。

夜にはF1第9戦、ヨーロッパグランプリでした。

[ READ MORE ]

「祝2000投稿!」

2010年6月29日 21:06 | COLUMN

6年前の9月からはじめたこのブログ、この投稿でなんと2000投稿となりました。長かったなぁ~。その間、約70ヶ月2100日ですから、ほぼ1日1件の割合です。よくやるわ・・・。

その間コメントも1000件近くいただきました。ありがとうございました。

次は3000投稿を目指してがんばります。今後もよろしくお願いいたします。

「食前舌叫(空前絶後)」

2010年6月28日 23:23 | COLUMN

6月最終週の月曜日。週末は、なくなった写真ブログ素材を集める為にカメラを持ってお出かけしたものの、被写体にめぐり会えず断念。今日は午後から納品があったのですが、オプション部品を注文し忘れていて納品できず。そんなこんなでストレスはたまる一方。

で、夜にはガイナーズの前期ホーム最終戦があるということで、応援に駆けつけようと思ったら、定時を過ぎた頃にお得意様からヘルプコールがあったりで、会社を出たのは試合開始から1時間も過ぎた頃でした。

[ READ MORE ]

LE CONCERT 邦題:オーケストラ!

2010年6月26日 21:18 | Movies

政治的な問題で解雇されたソビエトの指揮者と楽団員たちが、本物になりすましてパリで公演を行うべく奮闘するヒューマン・コメディ。チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲がフューチャーされたフランス映画です。

かつてボリショイ劇場の楽団の指揮者であり世界的にも有名なアンドレイ(アレクセイ・グシュコフ)は、その職を終われ今は劇場の清掃員をしています。30年前にユダヤ人の女性ヴァイオリニストによるチャイコフスキーの協奏曲を演奏しようとしてKGBに逮捕されたのです。楽団員たちも解雇され、今は2流の楽団に成り下がっていました。

[ READ MORE ]

Cinderella Man 邦題:シンデレラマン

2010年6月25日 20:05 | Movies

大恐慌時代のアメリカで、絶望的な貧困を乗り越え愛する家族の為に戦いを続けた伝説のプロ・ボクサー、ジェームス・J・ブラドックの半生を描いたヒューマンドラマ。アカデミー賞監督賞受賞作品。

プロ・ボクサー、ジェームス・J・ブラドック(ラッセル・クロウ)はいずれはチャンピオンと前途を有望視されていましたが、大恐慌に突入したアメリカでは興業での収益は減り、右手の故障がきっかけでライセンスを剥奪されます。

[ READ MORE ]

「気づきと示唆」

2010年6月25日 00:27 | COLUMN

今日は午前中、急ぎの案件の要件整理やら見積もりやらでばたばた。午後からは3件のお客様を訪問させていただき、夜は「かがわアート塾」企画実施委員会に参加しておりました。

[ READ MORE ]

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番 ト長調 作品58(1807年)

2010年6月23日 21:36 | CLASSICS | コメント(2)

今日は「すいすい帰ろう!水曜日」のノー・残業デー。早めに帰宅して久しぶりにクラシックに針を落とす、いやCDをかけたりなんかしてみました。何となくのベートーヴェン、たまたまの協奏曲第4番です。

交響曲の父、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが世にその名を知らしめた「交響曲第3番作品55」を作曲したのが1804年。その完成直後にスケッチを開始したこの曲は、歌劇「フィデリオ」、ピアノソナタ第23番「熱情」、ラズモフスキー弦楽四重奏曲、ヴァイオリン協奏曲などとともに作曲が進められ、 2年後の1807年に交響曲第4番と前後して完成します。

[ READ MORE ]

「5.1ch の悪夢」

2010年6月23日 01:03 | COLUMN

今日は夜に同友会の例会があり参加。9時を過ぎてから帰宅して遅い夕食。その間に、わがカープは関西系電鉄チームに信じられない逆転敗退劇を演じ、腐った気持ちでTVを見てると、ワールドカップでフランス対南アフリカをやるらしい。内紛で揺れる前回準優勝のフランスと開催国で決勝リーグに初めて出られないかもしれない南アフリカ。しかも5.1ch でブブゼラが聴けるらしい・・・。

[ READ MORE ]

The Enforcer 邦題:ダーティハリー3

2010年6月21日 21:30 | Movies

サンフランシスコを舞台にした刑事物語「ダーティハリー」シリーズ第3作。今回は初めてハリーの相棒に女性刑事が登場。二人の掛け合いがクローズアップされています。

郊外でヒッチハイクの若い女性を乗せたガス会社の社員たちが、何者かの罠にはまり殺されます。一方、ハリー(クリント・イーストウッド)は相変わらず市内で.44マグナムをぶっ放す、はでな銃撃戦で事件解決に当たっていました。

[ READ MORE ]

「闘争本能」

2010年6月20日 21:37 | COLUMN

昨日はオランダ戦、惜しかったですねぇ~。まあFIFAランキング4位と45位ですからねぇ。

私はサムライJAPANの熱狂的なファンというわけではないので、わりと冷静に観戦させていただきましたが、個人の技術も判断力も、また組織としての力もやはりその差は歴然としていました。1点差で負けたのが奇跡に近いともいえます。

[ READ MORE ]

Vertigo 邦題:めまい

2010年6月19日 20:43 | Movies

「間違えられた男」に続く、監督ヒッチコックのスリラー。主演は「アメリカの良心」ジェームズ・スチュアートにキム・ノヴァク。

サンフランシスコ市警の元刑事ジョン・ファーガスン(ジェームス・スチュアート)は、屋上で犯人を追跡中に部下を墜落死させてしまい、それがもとで仕事を辞していました。

[ READ MORE ]

CAPOTE 邦題:カポーティ

2010年6月18日 20:40 | Movies

ヘプバーンの名演で有名な「ティファニーで朝食を」の原作者トルーマン・カポーティが、ノンフィクション小説というジャンルを切り開くことになった、彼と取材対象となった殺人犯とのやりとりを描いたドラマ。アカデミー賞主演男優賞受賞。

1959年11月。カンザス州の田舎町で、農家の一家四人が惨殺される事件が発生します。小説「ティファニーで朝食を」で名声を得ていた作家のトルーマン・カポーティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、その事件の新聞記事に目を留め、実際に起こった事件を題材にした新しいジャンルの小説を書くことを思いつきます。

[ READ MORE ]

The Recruit 邦題:リクルート

2010年6月17日 20:48 | Movies

CIAの若手職員の勧誘と養成に隠された陰謀を描くサスペンス作品。名優アル・パチーノとコリン・ファレルが共演。監督は「カクテル」「世界最速のインディアン」のロジャー・ドナルドソン。

全米屈指のエリート大学MITで最も優秀な学生の一人、ジェイムズ・クレイトン(コリン・ファレル)は、コンピュータープログラムの能力の高さから業界での将来が約束されていました。

[ READ MORE ]

「梅雨の合い間をぬって・・・」

2010年6月16日 16:45 | POPS

今日は朝から市外のお得意さまを訪問。ご用命、ありがとうございます。

で、3車線の国道が随分と込んでました。中にはもちろん、プライベートで移動する方もいらっしゃるのでしょうが、ほとんどが私と同じようになんらかのビジネスのための移動中のはず。景気と言いますか、経済活動が活発になればなるほど道も混む。これはいいことです。

[ READ MORE ]

「レース・マネジメント」

2010年6月15日 22:10 | F1 & Cars & Bike

この週末は帰郷。20人あまりで6升の日本酒を空けてしまう宴会があったり、その勢いのままフィリピン・パブで大暴れしたりと大変な週末でしたが、北アメリカ大陸では男たちの戦いのドラマ、F1第8戦、カナダ・グランプリが行われていました。

往年の名ドライバーの名を冠した、ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで行われた今回のレース。ペースカーの入らないレースは無いといわれるほと荒れたレースの多いコースですが、波乱は1週目のポジション争いだけ。その後は、ソフトタイヤの使い方を軸にしたチームマネージメントの競争となりました。

[ READ MORE ]

帰郷

2010年6月13日 22:43 | POPS | コメント(2)

週末は帰郷していました。

今日は午前中は叩きつけるような激しい雨。でも午後には上がり、強い東風の中、時折日差しも差してきました。

陽もまだ残る、雨上がりの国道を、両親の住む故郷を後に戦場へと戻りました。BGMは・・・

[ READ MORE ]

The Last Emperor 邦題:ラストエンペラー

2010年6月11日 22:02 | Movies | コメント(4)

激動する時代の大きなうねりに飲み込まれた中国最後の皇帝溥儀(ふぎ)の生涯を描いた歴史ドラマ。監督は「ラストタンゴ・イン・パリ」「シェルタリング・スカイ」のベルナルド・ベルトルッチ。アカデミー賞作品賞・監督賞・撮影賞・脚色賞・編集賞・録音賞・衣裳デザイン賞・美術賞・作曲賞受賞。イタリア 中国 イギリス合作。

1950年、中国のハルビン駅に次々と戦犯が送り込まれていました。太平洋戦争終結による満州国の崩壊と内戦の終結により、5年にわたるソビエトでの抑留を解かれ送還された800人を超える犯罪者たちの中に、清朝最後の皇帝愛新覚羅溥儀(ジョン・ローン)がいました。人目を避けて便所に駆け込んだ彼は、自らの手首を切ります。そしてさまざまな過去が、彼の脳裏に蘇えります。

[ READ MORE ]

渋谷HMV閉店

2010年6月10日 18:02 | COLUMN

渋谷HMVが8月で閉店するそうですね。

渋谷店はHMVの日本第一号店。ある意味老舗なのですが、それでもネット販売やネット配信に太刀打ちできなくなったと言うことなのでしょうね。地元香川の老舗レコード店が店を閉めてもう7年くらいになるでしょうか?

[ READ MORE ]

HANA-BI

2010年6月 9日 21:26 | Movies

同僚刑事の死や不治の病に犯された妻を前にして、孤独の中に何かを見つけようとする刑事の物語。ビートたけし(北野武)が監督主演してヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞。

凶悪犯の張り込み中の刑事西(ビートたけし)は、同僚の堀部(大杉漣)の好意で、数ヶ月前に幼い子供を亡くし失意のまま体調を崩して入院している妻美幸を病院に見舞います。

[ READ MORE ]

「北へ帰る」

2010年6月 8日 22:49 | ART | コメント(2)

今日はサンポートホールにお芝居を見に行ってまいりました。京都のすわらじ劇団の「北へ帰る -百万ドルの遺産-」。

今は亡き一人の画家とその遺作を巡るどたばたコメディ。3幕2時間の公演でしたがあっという間で、眠る間もなく楽しませていただきました。

正直私は、演劇の良し悪しを語るものはなにも持ち合わせておりませんが、皆さん満足げな表情でしたので、よかったのではと。

お芝居を生でご覧になったことのない方は、是非一度ご覧遊ばせ!

すわらじ劇団 オフィシャルサイト

「お体、大切に!」

2010年6月 7日 20:11 | COLUMN | コメント(6)

先月末に健康診断といいますか「人間ドック」に入りました。

送られてきた報告書はほとんどが異常無しの「A」だったのですが、前々から懸念されていた脂質検査、いわゆる「総コレステロール値」と「LDLコレステロール値」がついに両方とも200を超え、危険水域になってしまいました。ええ、こんなにスマートなのに・・・。^_^;

そして要治療項目である「評価E」が一項目、胃部検査でした。バリウムの結果、「早期がんの疑い」と診断され、親展扱いの「紹介状」が同封されてきました。

[ READ MORE ]

「スポーツあれこれ」

2010年6月 6日 23:34 | COLUMN

今日はうす曇りでしたが暑かったですねぇ~。ガイナーズはダブルヘッダーで2勝。残念ながら今日は私も山に入ってスポーツとはとてもいえないレベルの芝刈りに興じていたため、観戦には行けませんでした。スコアですか?えーっと、ほんの肩慣らしですから・・・^_^;

広島のほうではソリアーノが先発し、4回2失点でまずまずだったのですがその後の投手リレーが炎天下の炎上。ヒットの数はさほど変わらないにもかかわらず5点差で敗戦。いや、あいつが監督のチームにだけは勝って欲しいのですが・・・。

ということで、スポーツ三昧の週末でしたが、明日は午前中、私用でお休みをいただきます。よろしくお願いいたします。 m(..)m

MAGNUM FORCE 邦題:ダーティハリー2

2010年6月 6日 19:04 | Movies

サンフランシスコを舞台に、犯人逮捕のためには暴力も辞さない刑事が活躍する「ダーティハリー」の続編。今回は監督がドン・シーゲルから「続・猿の惑星」のテッド・ポスト。主演はもちろん、クリント・イーストウッドです。

捜査のたびに怪我人や死人を出す無謀な刑事、ダーティハリーことハリー・キャラハン(クリント・イーストウッド)は、殺人課からはずされ交通課勤務。でも、たまたま通りかかった空港ではハイジャック事件に遭遇し犯人を射殺。

[ READ MORE ]

「野球観戦」

2010年6月 5日 19:16 | Baseball

今日は午後から、ガイナーズのホームでのデーゲームを観戦に行ってきました。

試合は2対1で辛勝。高尾が完封目前の完投で5勝目。インディゴソックスのエース角野のコントロールが乱れ、球を絞れないと言うこともあったのでしょうが、それにしてもクリンナップが打てない。打率も2割台前半。まるで広島にあるNPBの球団を見るよう・・・。

いくらクリーンナップとはいえ、シーズンを通して常に3割台をキープするのはそりゃ大変です。で、そこがチーム・プレーの競技の妙なわけで、シーズンを見通した上での起用と打順の入替、そして全員野球。ミスを恐れない、しかしミスの少ない采配。ツキを呼び、勝利を呼び込むプレーと采配。

うちの会社はどうなんだろうか?とか、そんなことをボーっと考えながら、初夏の日差しの中、白球の行方を追っかけておりました。

Go!Go!ガイナーズ!

A BEAUTIFUL MIND 邦題:ビューティフル・マインド

2010年6月 5日 00:03 | Movies | コメント(2)

実在のノーベル賞数学者、ジョン・フォーブス・ナッシュ・ジュニアをモデルに、その数奇な人生を描いたヒューマンドラマ。原作はシルヴィア・ネイサーのノンフィクション。アカデミー賞作品賞・監督賞・助演女優賞・脚色賞、ゴールデン・グローブ賞多数受賞作品。

プリンストン大学大学院数学科から優秀な成績でウィーラー研究所に進んだナッシュ(ラッセル・クロウ)は、学者肌らしくちょっと変わった性格で、周りからは変人扱いされていました。

[ READ MORE ]

「勝ちからも学ぶべきことがある」

2010年6月 4日 22:55 | Baseball

今日は夜に「かがわ文化芸術祭」実行委員会に参加しておりました。本番まであと4ヶ月になりました。今年も県下各所でさまざまな催しが予定されています。芸術ファンの皆様、どうかお楽しみに!

[ READ MORE ]

「五感でコミュニケート」 2010年版

2010年6月 4日 16:15 | COLUMN

「五感でコミュニケート」と題した、あるいは同様の内容の記事が大体1年に一回。このブログを始めた2006年から数えて4年分あります。

[ READ MORE ]

U-900

2010年6月 3日 21:02 | Movies

第二次世界大戦中のドイツ潜水艦Uボートを舞台にしたコメディ。

第二次世界大戦末期のフランス地中海沿岸。戦局の悪化したナチス・ドイツは、戦局を一気に巻き返す力をもつという秘宝「聖杯」を発見し、連合軍の目をかいくぐってこれをドイツ本国に潜水艦で運ぼうとしていました。

[ READ MORE ]

アクセス解析など

2010年6月 3日 18:47 | COLUMN

最近の自社の納品物には、もれなく「Google Analytics」が付いてくる仕様になっていますが、私のブログは6年前に始めたままの、明治天皇が「こりゃ古い!」とおっしゃられるような「Analog」を使っていました。

[ READ MORE ]

政局

2010年6月 2日 21:19 | COLUMN | コメント(2)

政局については、鳩山さんにも小沢さんにも福島さんにも言いたいことは山ほどあるのですが、政治評論家でもないし何の影響力もないし、皆さんに「堅物」と誤解を招いてもいけないのでやめておきます。

一言だけ。

「民意」とは脅威であるけれどもあてにはならず、気まぐれで意思も実態もない怪物ゴリアテかもしれないけれど、それを御し、あるべき方向に導いてゆくのが現代のダビデ、政治家の方々の使命だと思います。

リーダーには、「汚れた英雄」の北野晶夫のような「イニシアチブ」を期待します。自身も含め・・・。

KLUTE 邦題:コールガール

2010年6月 2日 20:16 | Movies

科学者の失踪事件に巻き込まれた一人のコールガールと、真相を追う親友を描いたミステリー。主演はフォンダ一家の姉ジェーン・フォンダ。アカデミー賞主演女優賞受賞作品。

ペンシルベニアにある研究所の科学者グルンマンが突然失踪します。研究所の親会社の重役ピーター・ケーブル(チャールズ・チオッフィ)は、グルンマンの親友で警官のジョン・クルート(ドナルド・サザーランド)に秘密裏の捜査を依頼します。手がかりはグルンマンがニューヨークのコールガールに宛てた一通の手紙だけでした。

[ READ MORE ]

癒し

2010年6月 2日 18:39 | COLUMN | コメント(2)

かわいくて、癒されます。

[ READ MORE ]

異邦人の戦い トルコGP

2010年6月 1日 22:18 | F1 & Cars & Bike | コメント(2)

ちょっと前に新年の挨拶をしたと思ったらもう6月です。早いものです。週末にはF1がありました。2010年F1サーカスもはや第7戦。西洋と東洋がせめぎあう太陽の町、トルコ最大の町イスタンブールにあるパーク・サーキットで行われました。

4強のせめぎあいで始まった今年のグランプリ、ここにきてレッドブルとマクラーレンが首ひとつ抜け出しか感じです。特に今年は例年以上にマシンの差がはっきりと出てきているようで、現時点での優位順はレッドブル:マクラーレン:メルセデス:フェラーリという感じ。

[ READ MORE ]

〔お知らせ〕携帯サイトのアドレスが変更になりました!

2010年6月 1日 12:48 | COLUMN

いつも「BOSS's Column」をご訪問頂き、ありがとうございます。

携帯サイトにアクセスが可能となりましたが、URLが変更となりました。以下のQRコードを読み込んでいただき、お気に入りの更新をお願いいたします。

これからも「BOSS’s Column」をどうぞよろしくお願いいたします!

qr-boss.png

« 2010年5月 |  メイン  | 2010年7月 »

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

  • leconcert01.jpg
  • cinderellaman.jpg
  • enforcer.jpg
  • vertigo.jpg
  • vera-miles.jpg
  • novak.jpg
  • capote.jpg
  • recruit.jpg
  • villeneuve.jpg
  • lastemperor.jpg

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.