ショパン スケルツォ第2番 変ロ短調 作品31(1837年)

2011年1月 4日 22:42 | CLASSICS

ショパン生誕200年の間には、ほとんど進まなかったショパン・シリーズ。今年も引き続き、やります。

今夜はショパンの心情吐露のひとつである4曲のスケルツォのうち最も有名な第2番をご紹介します。

イタリア語で「冗談」と言う意味のスケルツォ。冗談と言うにはあまりに美しく印象的な主題で始まるこの曲を、シューマンはこう評しています

「魅力ある曲であり、甘美さと大胆さ、愛らしさと憎しみが満ちていて、バイロンの詩と比較されても不当ではなかろう。」

問いかけにも似た前半をショパンの弟子のフォン・レンツは、

「いくら問いかけても、いくら弱音で弾いても、いくら意味深く弾いてもそれで十分ではない。」と言います。

優美な第2主題を経て曲は転調を繰り返し、ショパンは自ら投げかけた問いかけに対し、力強く情熱的なコーダでその答えを用意します。

ジョルジュ・サンドと出会って1年、円熟期のショパン。

ショパン:バラード&スケルツォ全集

おすすめ平均:5
5王者の風格
5名演
5真のヴィルトゥオーゾが奏でるショパン
5清々しさの中にある味わい深さ
5大人のショパン

Amazon.co.jpで見る by Azmix

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

  • skyfall.jpg
  • babettes_gaestebud1.jpg
  • nekozamurai.jpg
  • speed.jpg
  • taxi.jpg
  • iron_man_2.jpg
  • logo_tsts2.jpg
  • superman.jpg
  • RighteousKill.jpg
  • TheRookie.jpg

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.