エドワード・エルガー 「愛の挨拶」作品12

2011年2月13日 12:12 | CLASSICS

人はこの世に生まれ、人と出会い、恋に落ちる。ある恋はその短い命を終え、また大きく激しく愛の炎と燃え、いつしか消え逝く。人の命に限りがあるように・・・。

突然、体を突き抜ける稲妻のような恋の始まりもあれば、穏やかな春の朝のような、ひっそりと訪れる恋もある。

私が生まれるちょうど100年前、1857年にイギリスの地方都市ウスターで生まれたエドガーは、32歳のときピアノの教え子で8歳年下のアリスと婚約します。

しかしエドガーはカトリック、アリスはプロテスタント。そして8歳と言う歳の差のため、アリスの親族はこの結婚に大反対。しかし二人は周囲の反対を押し切って結婚します。

そんなアリスに、婚約の記念としてエドガーが作り贈ったのが「愛の挨拶」でした。

暖かな日差しのような、蝶や虫たちが戯れる春風のような「愛の挨拶」は、当時のエドガーのアリスに対する思いのたけだったのでしょう。

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

  • skyfall.jpg
  • babettes_gaestebud1.jpg
  • nekozamurai.jpg
  • speed.jpg
  • taxi.jpg
  • iron_man_2.jpg
  • logo_tsts2.jpg
  • superman.jpg
  • RighteousKill.jpg
  • TheRookie.jpg

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.