「ほんまもん」

2008年4月10日 23:54 | COLUMN | コメント(8)

今日は午前中から、大先輩を訪問し、いろいろとご教授いただきました。今日も、知恵と勇気をいただきましたが、なによりも「暖かい心」をいっぱいいただきました。いつものことではありますが、「感謝の極み」です。

午後からは、高速を移動してお客様を訪問。貴重なお時間をありがとうございました。その後、市内のお客様を訪問。ご用命、ありがとうございます。帰社して、アポイントやら見積もりやらあれこれ。

夜は同友会の役員会。○AYASHIさん、支部長挨拶、飛ばしましたよ!たくさんの方々からの貴重なご意見をいただき、ほぼ定時に閉会。その後、ビジネスのお話をしながら、ピッツァをほおばって帰って参りました。明日は会議1本にお客様来社1件、お客様訪問3件。週末の夕方まで、めいっぱい働きます。

さて、今日は「本物志向」について。最近はあまり「本物」などという言葉を聞かなくなりましたが、世の中が閉塞感でいっぱいになると、時々ささやかれるようになります。

読んで字の如く、本物を志向するということですから、否定するのは「偽物」。逆の行為は「偽物志向」、いやこんな言葉はありませんよね。フェイク以外は、誰も偽物をあえて志向しようとは思わないはずです。

でも世の中には「偽物」は確かに存在します。それは本物をまねたものであり、嘘でくるまれた本物とは全く異なるもの。偽ブランドとか、牛肉の偽装などもそれにあたるのでしょうか?消費期限改ざんは、ちょっと違いますが・・・。

で、偽物にとって本物とは何か?

それは世の中の、少なからぬ人たちが、他のものとの違いを明確に認識し、実際そのものに価値のある異質な特性が内在、もしくは持ちえているもの。それが製品群であればブランドになりますし、物真似されるタレントや俳優であるわけです。市場や需要が価格を決めるのではなく、価値と供給が価格を決めれるものと言ってもいいでしょうか?

しかし、回りには「本物」と言いながら、単に他との差異、つまり個性的である、もっといえばちょっと変わってることだけを取り上げて、「ほんもの」などとのたまう連中がいる。ただの変わり物でしかありません。

数年前、「ナンバーワンではなくオンリーワン」って曲が流行りましたが、私はそうは思いません。もちろん「ナンバーワン」なんて、そう簡単に手に入るわけはない。しかし、「オンリーワン」などという安易な差別化に安住することなく、「ナンバーワン」を目指して努力し続けること。それは険しく気の遠くなるほど遠く、たどり着く保証の全くない、しかし最短の「本物」への道だと思うのです。

「あいつは本物だ!」と言われたいですが、無理かもしれません。せめて「あいつは本気だ!」と言われるよう、全身全霊を傾けてがんばります。あっと、社員の皆さんも、一緒に唱和願います。だ、誰ですか?寝てるのは?

コメント(8)

うわっ!
「ほんまもん」
昨日その言葉について話題になったので、
びっくり!!
「ほんまもん」て言葉を発すること自体
「ばったもん」を感じさせることがある・・・て。

役員会はお疲れ様でしたぁ(^.^)

> となきちさん

そうなんですか!

「本物」にはなれなくても、「本物」を見分ける目は持ちたいものですね!

役員会、元気をありがとうございました。
お疲れ様でした!

今日は電池切れでしたかしらねぇ・・・
本気は時にして、エネルギー切れをおこしますと
漂ってしまいます。

BOSSさん

難しいですね「本物」って

高級で、芸術品で凡人には手が出ない
高価なもの?! 高価な思想?

私も以前漆の関係の仕事を
していました

年々漆の需要が減り
全盛期からだと市場自体が1/10以下に

なってしまい売れなくなっています

しかし、作家の作品はきれいで美しい
見ていてもほれぼれします

でも、それは特別なもので
ショーケースのなかに入れられ

普通に触れることはできません

でも、それは本物です


ふと思ったりすることは
何が「本物」で何が「偽物」か

自分でも分からなくなります

製品だと使われなくなって
漆にように伝統工芸品として

認定されないと残すことが
できないものも「本物」だし

実際に、生活に根づいた何気なく
意識せずに使っているものも

「本物」なのかなと

何だか「本物」「偽物」を
判断することが

本物を本物で
なくしていくのでは
なんて思ったりしています

自分で書いてて何だか分からなく
なってしまいました

BOSSさん 本当にすみませんでした

それでは また  (^_^;)・・・・

> ゆきみさん

はい、なんだかいつもの本気が見られなくて、
どうされたのかと思いました。

毎朝、フル充電状態でいたいものですね!

> kiyoさん

コメント、ありがとうございます。

偽者が作られる段階で本物になったとも言えるかもしれませんね。

高価なだけが「本物」ではないような気がします。
ただ、やはり簡単に「本物」といわれるようにはならないような気もします。

船井幸雄氏が提案する本物の条件です。

1、つき合うものを害さない
2、つき合うものを良くする
3、高品質で安全。そして安心できる
4、単純でしかも万能である
5、経済的である

以上が船井さんの本物商品の条件です。
本物はエゴが無いということでしょうか。

> なんしょんなさん

なるほどです、そういう切り口もあるのですね!

勉強になります、ありがとうございます。φ(..)メモメモ

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

  • skyfall.jpg
  • babettes_gaestebud1.jpg
  • nekozamurai.jpg
  • speed.jpg
  • taxi.jpg
  • iron_man_2.jpg
  • logo_tsts2.jpg
  • superman.jpg
  • RighteousKill.jpg
  • TheRookie.jpg

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.