REBUS 邦題:ブガッティ・ロワイヤルの女

2008年7月 9日 03:06 | Movies | コメント(10)

今日のシネマは幻の1本。というのは今から20年ほど前の映画なのですが、現時点でDVD再販されていない。かくいう私もかつてテレビ放映されてビデオに録画したものをDVD化したものしかありません。

12月、クリスマス・イルミネーションに輝くパリの街に、一人の青年が列車でやってきます。バスク人のラウルと名乗るその若者は、「ブガッティを求む 迷い象」という新聞広告を出した修理工場を営む初老のカラバスを訪ねてきます。大枚を銀行でおろしたカラバスは、若者とともにシトロエンに乗って、ブガティのあるというピアリッツを目指しますが・・・。

と、物語は30年前にタイムスリップします。バーで一人、グラスを傾ける若きカラバスのところに、立派な身なりをした夫人がやってきて、「ピアリッツへ行きたいので、車に同乗して欲しい」と告げます。「殺される・・・」とも・・・。

彼女の名はミリアム。ドゥ・テライユ伯爵夫人であり、夫の政治的な画策に加担するため、夫に代わってパリからピアリッツに行く使命を帯びていました。当時のフランコ政権に対抗するバスク民族主義の戦いです。

結局道中の運転と、ピアリッツからサンセバスチャンまでのラリードライバーを引き受けたカラバス。なにせその車が、27年製ブガティ・ロワイヤルだったのです。

このブガッティ社のロワイヤルという車、当時たった7台しか生産されておらず、30億円ほどするそうです。全長6m超、車重3.2トン、OHC-8気筒で13000cc(1気筒あたり1600cc!!!)、300馬力、最高速度200km/hって、いかがなものでしょうか?。

そして、予定の旅程をはずした二人は恋に落ちます。それは結局、がんじがらめの宿命の中で、本当の自由、自らの夢を世に問いかけるための、彼女の仕掛けたある意味、罠でもあったのです。

一方の現在のカラバス、ちょっと怪しげな青年ラウルとの旅が、30年前のミリアムとの命をかけることになる愛の旅と重なります。ラウルが、かつてプルーストを研究してたなんて下りは、ちょっと笑えます。本当にフランス人って、愛国精神すごいんだから!

30年前の見果てぬ夢を振り返り、カラバスがつぶやきます。

「来た道が飛び去り 不意に

目の前が開ける

そんな時 人生を思う

自分の怠惰さ 凡庸さを

そして後悔の念にさいなまれる

飛び去るままにした愛

本物の愛」

これが謎々の問いなのでしょうか?

映画のラスト。無事ピアリッツについたカラバスは、ラウルから象の飾りのないブガッティを受け取り、別れの時が来ます。ラウルとは一体何者なのか・・・その答えは・・・。

全編に、コルトレーン、チェット・ベイカー、ビリー・ホリデー、ニーナ・シモンが流れます。何もかもがフランス映画です。いや、ブガッティが本物だとしたら、かの車が走り回ること自体はハリウッド的かも・・・。

是非是非、DVD化して欲しいものです。今でも、日テレの資料室あたりにはあるはずなのですが・・・。どうしてもご覧になりたい方は要相談、もしくは新聞広告で「ブガッティを求む 迷い象」と・・・。ちなみに原題の「REBUS」とは、謎解きの絵のこと。まさしくそんな映画です。

出演:シャーロット・ランプリング,クリストフ・マラヴォワ,ジャック・アーリン,マッシモ・ジロッティ

監督:マッシモ・ググリエルミ 1989年

BOSS的には・・・★★★★

コメント(10)

映画おもしろそうですね

ブガッティーのロワイヤル
30億ですかびっくりですね

本物をこの映画使っているんでしょうか・・・・

> kiyoさん

最近、この数台のうちの1台を、メイテックの社長が30億で買ったそうです。

映画の中のブガッティは本物っぽいんですが、
そんなにするならレプリカを作ったほうが安いですから、
本物ではないかもしれません・・・(^_^;)

10代の頃、自分も昔深夜のTV放送で偶然録画したのですが、これまで見た映画のなかでもっとも強い印象を残す映画の一つです。

映像と音楽のすばらしさもありますが、過去と現在のオーバーラップの中で年老いた姿からは創造できない主人公が輝いていた時代が展開されてゆきます。物語のラストで海辺のベンチに座る若かりし日の主人公が年老いた黄昏る姿に移り変わるシーンとコルトレーンの曲が悲しくも美しい。今まで見た映画の中でもっとも美しいラストシーンの一つですね。

映画らしい上質の大人の映画で、ジャズを聞くきっかけになったのもこの映画でした。

自分も何年もDVDにならないか待っていますが、多くの方にこの傑作を知って頂きたいと思っています。

> ababさん

車好きでJAZZ好きで、おまけに映画好きなフランス人が作った・・・って感じの、いい映画ですよね!

私的には、これともう一本、スティングの出てたこちらはブルース音楽が流れる「ストーミー・マンディ」もDVD化していただきたいです!(~o~)

Bossさん
はじめまして、車とジャズ好きの老人です。
そのとき、このシネマを私も録画をしていました。
テープの残量を考えて三倍速で設定したつもりが…
伯爵夫人とカラバスが旅の途中ホテルに入ったところでテープが…
三枚目の画像がそのホテルでのロワイヤルではないでしょうか?
と言うことで、私にとって『REBUSU』は未だに謎です。
どうしても謎を解いてみたいので、相談にのっていただけないでしょうか?
ご連絡お待ちしています。

> omusubiさん

始めまして!

ご依頼の件、了解いたしました。
こちらこそ、ご連絡をお待ちしております。

BOSSさんはじめまして。

ヤフーで「REBUS」と検索したら、こちらがヒット!!
去年のコラムでご迷惑だと思いましたが嬉しくて我慢出来ず、コメントさせて頂きます。
私もこの映画を録画しました。
恐らく、15年くらい前でしょう。
日テレのCFの入らない深夜番組(ありがたいですね)

皆さんは何回目で泣きましたか?
最後のほうでビーチのベンチであんなに泣いているのか理解出来ませんでした。
2回、3回と視ていくうちに、泣けました。
そして、色々な謎が解けてきました。

解けない謎がいまだに有りますが、(今でも時々視ます)恐らくカットされているからでしょう。
一昨年、解かれた謎は…
日テレで放映されたのは、伊語(音と口が合わない)
元の映画は仏語で作られたのではないかと思いますが、イタリアTV局の放映用に吹き替えられたVTRだったのでは?
こんな絡みもあり商品化されないのでしょうか?
私は一番大好きな映画です!!

> yosiさん

はじめまして、ようこそ!

この映画のファンの方が結構いらっしゃるのにちょっと驚きです。

これからもよろしくお願いします!

私もこの映画のDVD化を切に希望する一人です。
フランスでわずかにVHSが見つかる他はイタリア
でもDVD化されていないようで・・・
監督も原作者もイタリア人で、ジャンルとしては
イタリア映画になるかと思いますが、主演の二人
はフランス人でおそらくアテレコかだ思います。
タブッキの原作も読んでみたいと思っています。
大好きな映画なので思わずコメントさせて頂きました。

> Mさん

コメントありがとうございます!

DVD化を目指して、署名運動でも始めますか?

っと、提出先は・・・・???

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

  • logo_tsts2.jpg
  • superman.jpg
  • RighteousKill.jpg
  • TheRookie.jpg
  • Shaolin-Temple.jpg
  • The-Long-Kiss-Goodnight.jpg
  • arukatorazu.jpeg
  • arukatorazu.jpeg
  • neko-taxi.jpg
  • constantine.jpg

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.