ジョゼフ=モーリス・ラヴェル バレエ音楽「ボレロ」(1928年)

2008年8月 7日 23:03 | CLASSICS | コメント(2)

今日は、ラヴェルのボレロです。恐らく彼の作品では最もポピュラーであり、また楽曲としても皆さん、いろんなところで耳にされたことがあると思います。あの、聞こえるか聞こえないかの小さな音から、同じフレーズが繰り返し演奏され、音がだんだんと大きくなり、最後にバンッ!と消える、あれです。

聞きやすくとっつきやすいのですが、これがラヴェルの音楽のすべてだと刷り込まれてしまうと、彼を過小評価することになりかねません。そういう意味では、ピアノ協奏曲ト長調とか、同じバレエ音楽でも「ダフニスとクロエ」あたりから始めればいいのですが、今日は準備の都合上、ボレロです。^_^;

バレエ音楽と言いましたが、この曲はバレエ音楽です。(爆)それも彼が生涯に残した5曲のバレエ音楽の最後の作品。当時、世界的なバレリーナだったイダ・ルービンシュタインの依頼を受け、彼的にはほんの習作のつもりで書いたそうですが、彼女自身のパリ・オペラ座の初演以来、瞬く間に世界中の人気を得てしまいました。

この曲、ご存知の通り45秒ほどの旋律が19回繰り返されて終わります。言えば、ちょっと禁じ手ですよね。だって45秒分作って繰り返して、15分ほどの作品にしちゃうわけですから。彼がこのような手法の先駆者だったのかどうかは知らないのですが、馴染みやすい旋律と共に、この繰り返しの流儀が、この曲のアイデアのワン・アンド・オンリーな核心なわけです。

この曲だけでなく、彼はフランス人でありながら、スパニッシュな雰囲気の曲が多いのが特徴。実は彼の母親がピレネー山脈の向こう側、バスク地方の出身だからだといわれています。そう、あの「ブガティ・ロワイヤルの女」にも出てきた、あのバスクです。

音楽的には、20世紀の管弦楽法の大家と言われ、「オーケストレーションの天才」「管弦楽の魔術師」とも言われています。また、かのストラヴィンスキーが「スイスの時計職人」と評したともいわれる精緻な曲作りは、この単純極まりないようなボレロにも見られます。じっくりと聞き込むと、それはまるでピカソの絵のように、卓越したものの描き出す計算しつくされた単純さであることがわかるのです。

フランス的でありながらスペインの香りが漂い、単純であるけれどそれはそれは緻密で繊細な音の構築の上に成り立っている。こういう曲が得意な指揮者といえばまずピンと来るのがデュトワ。彼自身、フランス人ですし。そしてオケは、どのフランスオケよりもフランス的と言われるモントリオール響。洗練された管楽器の音と、自身ヴィオラ奏者だったデュトワが調教した繊細な弦楽器、そのエスプリ溢れるアンサンブルの妙をご堪能ください。

ボレロ~ラヴェル:管弦楽曲集

おすすめ平均:5
5やっぱりフランス人
5華麗で気品溢れる決定盤
5後のも先にもラヴェルはデュトワ
5心浮き立つ世界へ
5「ダフニスとクロエ」の「夜明け」が絶品!一度聴くべし!

Amazon.co.jpで見る by Azmix

コメント(2)

待ってました!ようやくボレロの登場ですね。子供の頃にLPレコードで、初めて聞いた曲がこれ。ラヴェル自身が指揮をしていたものの録音ですから、確か「音は悪いです」と注意書きのある代物でした。

> けしき塾塾長

そうでしたか。しかもラヴェル指揮!恐らく1930年ごろの録音なのでしょうねぇ〜。

単純そうで、実はこの曲なかなかしたたかなんですよね!

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

  • skyfall.jpg
  • babettes_gaestebud1.jpg
  • nekozamurai.jpg
  • speed.jpg
  • taxi.jpg
  • iron_man_2.jpg
  • logo_tsts2.jpg
  • superman.jpg
  • RighteousKill.jpg
  • TheRookie.jpg

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.