The Big Country 邦題:大いなる西部

2009年1月12日 14:23 | Movies

19世紀後半のアメリカ西部を舞台に、牧場主たちの確執と「大いなる西部」に相応しい開拓者精神を問いかける、西部劇の代表作。

1870年代のテキサス。牧場主の一人娘パット(キャロル・ベイカー)との結婚のため、東部から1人の若者がやってきます。ジェームス・マッケイ(グレゴリー・ペック)は、スーツ姿にシルクハット、コートは船乗り用のPコートという、いかにも西部には似つかわしくない青年。密かにパットに思いを寄せる牧童頭のスチーヴ・リーチ(チャールトン・ヘストン)も、当然のことながらそんな彼に敵意を抱きます。

the-big-country.jpgパットの父テリル少佐は、同じ牧場主のハナシ一家と長い間反目し合っており、少佐の客であるジェームスは到着早速、彼らの乱暴な歓迎を受けます。そして、双方の牧場に必要な水源地がある農場は、パットの親友でもある女性ジュリー・マラゴン(ジーン・シモンズ)が所有していました。

事あるごとに銃をぶっ放し、派手に自らの存在や(時には銃に頼った誇張された)力をアピールすることがあたり前の西部の人たちの中にあって、自分自身に対して証明することこそ正しいことだとするジェームスは、周りからは臆病者の烙印を押され、パットにも愛想をつかされます。しかし、真に勇気あるもの、信念を貫けるもの、「大いなる西部」に相応しいものは、実は・・・。

古い映画です。50年も前の映画です。ウィリアム・ワイラー監督、かの「ローマの休日」を撮って5年後の、グレゴリー・ペックとの作品。ヒロインのジーン・シモンズが、ヘップバーン似だと思うのは私だけ?個性的な牧童頭を演じた若きチャールトン・ヘストンは、翌年ワイラー監督と「ベンハー」を世に出すことになります。

西部劇でありながら、ガンファイトに頼らないヒーローを描いたこの作品。それだけに、ワイラー監督の人物表現が冴え渡ります。この時代の映画とは思えない、細やかな心理描写。そして全編に渡りスクリーンに映し出される、果てしなく続く広大な「大いなる西部」と、それにも劣らぬ本来の人の心の広さ。

最初、グレゴリー・ペックが背広姿で幌馬車を降りたときには、一体どうなることかと心配しましたが、最終的には彼が最も西部に相応しい人間になっている。いや、彼の生き様は、時を超え時代を超え、混迷の時代こそ相応しい、ぶれない生き方、何かのため、誰かの為にその命を賭することのできる勇気を持った生き様を、是非とも見習いたいものです。

出演:グレゴリー・ペック,ジーン・シモンズ,キャロル・ベイカー,チャールトン・ヘストン,バール・アイヴス

監督:ウィリアム・ワイラー 1958年

製作:ウィリアム・ワイラー,グレゴリー・ペック

原作:ドナルド・ハミルトン

音楽:ジェローム・モロス

BOSS的には・・・★★★★

大いなる西部 [DVD]

おすすめ平均:5
5西部劇らしからぬ西部劇
5アメリカ西部の男達を雄大に描いた作品。メインテーマも有名!
5西部を舞台にした人間ドラマ
5西部劇の金字塔!!

Amazon.co.jpで見る by Azmix

もっとムービー・アーカイブスはこちら >>> 「ムービー・インデックス」

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

  • logo_tsts2.jpg
  • superman.jpg
  • RighteousKill.jpg
  • TheRookie.jpg
  • Shaolin-Temple.jpg
  • The-Long-Kiss-Goodnight.jpg
  • arukatorazu.jpeg
  • arukatorazu.jpeg
  • neko-taxi.jpg
  • constantine.jpg

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.