ショパン バラード第3番 変イ長調 作品47(1941年)

2010年10月 3日 22:20 | CLASSICS

N響アワーでは、御歳86歳のマリナー指揮のブラ1をやってましたが、今夜の気分はショパンのバラード第3番です。

「バラード第1番」と双璧をなし親しまれているこの3番は、全4曲のバラードのうち最も華麗でありまた軽快な曲となっています。

それは当時のショパンがパリ社交内の中に溶け込み、心のうちにも平安を覚えていたからでしょう。

シューマンはこう評します。「フランス首都の貴族的環境に順応した、洗練された知的なポーランド人が、その中に明らかに発見されるであろう」と。

しかしその印象は決してサロンの虚ろう華麗さではなく、ショパン独特のロマンティシズムとリリシズムにあふれたものであり、彼の心情を知的に処理したに過ぎないことがわかります。

夜のサロンの人口光の下の華やかさではなく、昼間の太陽の輝くまぶしさでもなく、少し遅くおきた曇った空の朝に、紅茶の湯気に包まれて、故郷を思って聴いていたい一曲です。

ショパン:バラード&スケルツォ全集

おすすめ平均:5
5王者の風格
5名演
5真のヴィルトゥオーゾが奏でるショパン
5清々しさの中にある味わい深さ
5大人のショパン

Amazon.co.jpで見る by Azmix

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

  • skyfall.jpg
  • babettes_gaestebud1.jpg
  • nekozamurai.jpg
  • speed.jpg
  • taxi.jpg
  • iron_man_2.jpg
  • logo_tsts2.jpg
  • superman.jpg
  • RighteousKill.jpg
  • TheRookie.jpg

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.