War of the Worlds 邦題:宇宙戦争

2012年7月 1日 23:36 | Movies

SF映画の巨匠スピルバーグが贈る、宇宙人と人類との壮絶な戦いを描いた作品。H・G・ウェルズによる同名SF小説の映画化作品。688本目の映画投稿です。

港でクレーンの運転をする港湾労働者のレイ(トム・クルーズ)は、離婚した妻に引き取られた息子ロビー(ジャスティン・チャットウィン)と娘レイチェル(ダコタ・ファニング)を元妻であるメリー(ミランダ・オットー)から預かることになります。

war_of the_world.jpg子供から全く信頼されていないレイは、彼らとのまともなコミュニケーションも出来ません。

翌朝、街は黒い雲に覆われ、辺りは嵐となります。そして奇妙な稲妻が落ち、レイは多くの野次馬と共にその場所を見に行くと、突然そこから巨大な「トライポッド」が現れ、レーザー光線で次々と人々を殺傷し、街を破壊してゆきます。

逃げ延びたレイは、盗んだ車にレイチェルとロビーを乗せて、母親のいるというボストンを目指して街を出ます。

しかし世界中に現れたトライポッドは次々に街を破壊し、もはや逃げるべき場所はどこにもありませんでした。

「未知との遭遇」や「E.T.」で、人類に友好的な異星人との交流を描いた巨匠スピルバーグが、今回は一転して古典的宇宙人侵略ものといいますか、無慈悲に人類を襲う宇宙人との戦いを描いた作品。

「われわれの地球は、かねてより高度な知能を持つ宇宙人に監視されていた・・・」というような前振りで始まる本作ですが、襲撃はある日突然、とてつもなくいきなり始まります。

なぜ今なのか?彼らは何を目的としているのか?

全く何の説明もなく、とにかく人類はシールド・ビームで覆われた「トライポッド」なる超強力破壊兵器の前に、なすすべもなく敗走を続けます。

といっても、映像に見える地球軍はわずかな戦闘機と攻撃ヘリ、そして地上部隊なのですが・・・。

で、反撃らしい反撃もないまま物語はエンディングに向かってゆく。するとどうでしょう、あれほど無敵だった「トライポッド」のシールドビームがいきなり機能しなくなり、手持ちのロケット・ランチャーでぶっ壊れてしまう。

これも全く何の予告もなかった反撃の理由は、エンディングで語られることになりますが、観てるこちらとしては納得すると言うより、なんだか拍子抜けな印象。

始まりも展開も結末も、全くもってB級の域を出ない原作を、いくら巨匠がメガホンを取ったところで、これまでかー!の典型的作品。

チラッと登場する宇宙人も、特に真新しいイメージはなく、正直スピルバーグ監督作品と言われなければ、そうとは思えない。

逆に、スピルバーグによる「未知との遭遇」のイメージの逆展開のようなものをあれこれ感じてしまって、余計ネガティブになってしまいました。

結局彼は、SF物が得意なのではなく、少年少女たちに夢を与えるのがうまい監督だと言うのが、私の結論です。

ああ、もしかしたら、ダメダメな3枚目のトム・クルーズを堪能するための作品かも???

出演:トム・クルーズ,ダコタ・ファニング,ティム・ロビンス,ミランダ・オットー,リック・ゴンザレス,ジャスティン・チャットウィン

監督:スティーヴン・スピルバーグ 2005年

原作:H・G・ウェルズ

音楽:ジョン・ウィリアムス

BOSS的には・・・★★☆☆☆

もっとムービー・アーカイブスはこちら >>> 「ムービー・インデックス」

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

  • logo_tsts2.jpg
  • superman.jpg
  • RighteousKill.jpg
  • TheRookie.jpg
  • Shaolin-Temple.jpg
  • The-Long-Kiss-Goodnight.jpg
  • arukatorazu.jpeg
  • arukatorazu.jpeg
  • neko-taxi.jpg
  • constantine.jpg

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.