邦題:相棒シリーズ XDAY

2014年1月 5日 22:49 | Movies

大人気TVドラマシリーズ「相棒シリーズ」の「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」に続くスピンアウト劇場版第2弾。812本目の映画投稿です。

燃え残った札束とともに、一人の男の転落死体が発見されます。殺人として捜査が始まりますが、被害者は銀行のシステム部員中山雄吾(戸次重幸)。ネットに不正アクセスし、機密情報を流出させていた疑いでサイバー犯罪対策課にマークされていた人物でした。

xday.jpg警視庁捜査一課の刑事伊丹憲一(川原和久)は、全くタイプの違うサイバー犯罪対策課専門捜査官・岩月彬(田中圭)と対立しながらも捜査を進めてゆきますが、上層部の思惑による圧力で捜査は行き詰まってゆきます。

被害者がネットに上げた謎のデータ、それを次々と削除してゆく何者か。事件の裏には、政官財の巨大な権力構造と、日本の財政破綻をシミュレートし、その日を「X DAY」とした秘密計画がありました。

今回の主人公である伊丹刑事は、本編で杉下右京のチームに時として対峙し、ある時は協力関係を構築するボケ役なのですが、本作では主人公と言うことで、基本的なキャラ設定はそのままに、正義感溢れる刑事として大活躍します。

そのそも「相棒」シリーズそのものが「バディ」映画なわけですが、本作では「相棒」の二人だけでなく、あちらこちらで「バディ」が設定され、絶妙な台詞で物語の主たる構成をなしています。

また本シリーズの常である時事や社会問題も、今回は金融機関のオンラインのトラブルが、実は仕組まれたシミュレーションであるという設定もなかなかのもの。ただし、その裏の日本の財政崩壊という大前提は、ちょっと説明不足の感ありでしょうか?

本作をご覧になる方は、基本的に「相棒」シリーズのファンの方になると思いますし、ちょっと微妙な「いつもの」話などありますので、「相棒」を知らない方には意味の繋がらないことも多いかと。

また、後半のキーワードである「信用」と言う言葉も、もう少し独立した言葉として大切に扱えば、より訴求性のある作品になったような気がします。

基本的には、スピンアウトのこのあたりまででしょうか?

出演:川原和久,田中圭,国仲涼子,田口トモロヲ,別所哲也,水谷豊,及川光博,木村佳乃,宇津井健,鈴木杏樹,大谷亮介,六角精児

監督:橋本一 2013年

BOSS的には・・・★★☆☆☆

もっとムービー・アーカイブスはこちら >>> 「ムービー・インデックス」

写真サイト

That Sunday That Summer

That Sunday That Summer

アイテム

  • logo_tsts2.jpg
  • superman.jpg
  • RighteousKill.jpg
  • TheRookie.jpg
  • Shaolin-Temple.jpg
  • The-Long-Kiss-Goodnight.jpg
  • arukatorazu.jpeg
  • arukatorazu.jpeg
  • neko-taxi.jpg
  • constantine.jpg

携帯サイト

BOSS's Column
BOSS' Column for HP
BOSS's Column for SmartPhone
BOSS' Column for SmartPhone
That Sunday...
That Sunday,That Summer for HP

Powered by
Wonder-mix Movable Project

facebook

サイト内検索

月別アーカイブ

Copyright © BOSS's COLUMN. All Rights Reserved.